鬼滅の刃に学ぶ、目的がないと英語がマスターできないという話【本質】

初心者の基礎
スポンサーリンク

こんにちは、Yukiです。

あなたは英会話を学ぶ理由を明確にこたえられますか?その理由はあなたにとってどれだけ重要ですか?

「毎年言ってるけど、今年こそは英会話ができるようになりたい」
「毎日英語学習すると決めたけど、今日も結局さぼっちゃった」

多くの人はこんな悩みを毎年のように繰り返していると思います。

そんな方のために継続するモチベーションを保つ方法を紹介します。

私もこれまでに多くのことを途中で挫折してきました。その中でも唯一英会話力は仕事で使えるまでになったので、その学習ノウハウで新たに中国語を学ぼうとしたのですが結局、学習をやめてしまいました。

英語が継続できて中国語は継続できなかった理由を考えてみると、そこには学ぶ目的が関係していたことに気づきました。

本記事を読むと、あなたを英会話ができる人にしてくれる「目的」の大切さを理解することができ、英語でコミュニケーションを取れるようになるという夢にぐっと近づけるようになります。

スポンサーリンク

英語習得になぜ目的が必要?

継続することができるかどうかは、「将来自分がどうなりたいか」がはっきり見えているかどうかに依存します。

なぜなら、英語学習を継続する行為は苦しい修行のようなものでしかなく、目的もないのにただ修行を続けることはできないからです。

逆に言えば、将来こうありたいという理想の姿があれば修行にも耐えることができるはずです。

これは、妻に無理やり見せられ、結果どっぷりはまってしまった鬼滅の刃を見て感じたことです。

主人公の炭治郎が鬼殺隊の試験に合格するために2年もの間厳しい修行を続けられたのはなぜだと思いますか?その後も苦しい鬼狩りの任務から逃げ出さなかったのはなぜでしょうか?

それは家族の仇をとって妹を人間に戻したいというクリアな「目的」があったからです。

もちろん英語学習が楽しいという人もたくさんいると思います。でも学習が楽しいだけでしょうか?

それよりも、学習の成果が見えて自分が成長しているのを感じられるから楽しいのではないですか?

もっと言えば、成長によって叶えたい夢や目標に近づいていると感じるから楽しいのではないですか?

つまり理想の自分に近づくことが、英語学習を継続するモチベーションになっているのです。

「英語が話せること」自体は目的ではない

英語が話せることや、学習することそのものは、多くの場合目的ではないので注意してください。

またTOEICや英検など資格をとることも目的ではありません。

例えば私の場合、

 
現地の人とコミュニケーションを取りながら好きなように海外旅行をしたい
ペラペラ話せてグローバルな環境で働ける人間になりたい
 

といった昔からの強い目的意識がありました。

だから社会人をやめるリスクをとってでもカナダに行き、集中して短期間で英会話を習得することができました。

目的とは、考えただけでワクワクすることであり、場合によっては「夢」と言い換えることもできるものです。

英語が話せるということは、そんなグローバルな自分の姿に近づくための手段でしかありません。

TOEICは、その目的に近づけているか測るための道具です。高得点をとることが夢ではありません。

夢はライフステージごとにいつも変わるものでもあります。

私は英会話をして海外旅行を楽しむことができるようになったので、別の新たな目的が書き加えられています。

目的の達成方法

英語を学んでいる目的が見えたら、そこに近づいていくためのアプローチが必要です。

目的と目標はよく混同されがちですが、しっかり理解しておく必要があります。

目的は現在の目指すゴールであり、目標とはそこにたどり着くまでの間においたマイルストーンです。

例えば、自分が目指す英語力が必要な会社に入社することが英語を学ぶ目的であるならば、その応募資格となるTOEIC〇〇点取得というのが目標です。

目標の達成方法

目標を達成するには、あなたが今まさに日々行っている継続学習が唯一の達成方法です。

ひとつの目的に対して 、目標や手段は複数あります。

英単語を1万個覚える、スピーキングを上達させる、英検○級を取得する、などアプローチ方法は無数にあるのです。

自分の目的がはっきりしていれば、そのなかで今何をすべきなのかも明確になります。

そこに近づくのに最短だと思う方法を選びぬいて、継続的に実行していくだけですから。

継続する方法

とは言っても継続することがむずかしい。

毎日仕事や学校で忙しいし、テレビやSNS、YouTubeなど誘惑も多いです。

そのなかで継続していくにはちょっとしたコツがあります。

それは習慣化する力をうまく身につけることです。

習慣化すると、やらなきゃと思わなくても自動的に行動できてとても楽になりますよ。

どんなに忙しくても、習慣化された歯磨きをしないと気持ち悪いので5分の時間を確保しますよね?

どうしたら習慣化できるの?という方のために、こちらの記事で解説しています。

目的は心と対話して見つける

目的を見つけるには、なぜ「英語を学習しているんだろう」と自分に聞いてみましょう。

目的意識はクリアであればあるほど、毎日の力強い原動力になります。

内容はどんな小さなことでも問題ありません。

目的を見つけるコツは、自分がそれを考えると「ワクワクするか」どうかです。

今すぐ見つからなくてもOKですし、ある意味、人生を歩みながら常に探し求めていく姿勢くらいでいいと思います。

より具体的な目的を見つけるように常に心にアンテナをはりましょう。

まとめ:鬼滅の刃に学ぶ、目的がないと英語がマスターできないという話【本質】

いかがでしたか?

英語を話せるようになりたいけど、ついさぼっちゃうという人は、もう一度英語を学ぶ目的を再確認しましょう。

目的がはっきりイメージできると、毎日の学習を欠かさずできるようになります。

いつも自分の心と話して、英会話ができる将来の自分でどんなことがしたいのか考えてみてください。

もしこの記事が良かったと思ったらぜひSNSでシェアしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました