英語脳の作り方 | 大人からでもペラペラになれた2つの勉強法を解説

英語脳
スポンサーリンク

「英語をスムーズに理解したり話せるようにならない」

「ペラペラになるには英語脳がいいらしいけど、それってどうゆうこと?」


「大人の私でも英語脳ってまだ鍛えられるのかな」

こんな悩みをお持ちの方におすすめの英語脳を作るメリットや作り方について解説します。

この記事の内容

・大人が英語脳を作るときのポイント
・英語脳のメリット・デメリット
・英語脳の作り方

 この記事を書いている人
  • 1年半カナダに住み語学留学や接客業を経験
  • 帰国後、TOEIC880を取得
  • 今はグローバルな外資系企業に勤務
  • 留学当初は英会話力ゼロ

カナダに渡って最初の頃は、語学学校の先生が言っていることがまったく聞き取れませんでした。

しかし、3ヶ月くらいして英語脳が育ってくると、先生の言葉がすんなり入って、簡単なプレゼンテーションもできるようになっていきました。
日本語を使わずダイレクトに英語だけで会話している自分がいたのです。

まるで自分が日本人ではなくなったかのような不思議な感覚すらあり、英会話がより一層楽しくなりました。

英語脳を作れると別世界を体験できます。この記事を読んで、あなたも英語脳を手に入れましょう。

スポンサーリンク

英語脳とは

英語脳とは英語を日本語訳を介さずに、英語のまま理解したり話したりできる脳の状態をいいます。

例えば、「Do you know where the station is?」と話しかけられたら

「where..どこ..? station..駅..? 駅を探しているのか!」

日本語脳で話している人

と日本語をベースに考えているかと思います。

この日本語で考える作業をなくし、英語でダイレクトに理解できる脳を英語脳といいます。

誰かに「Good morning. How are you?」と言われれば、日本語訳をせずとも朝の挨拶だと直感的に理解できますよね。

また「I am good. How about you?」と特に考えずにパッと言えるはずです。

英語脳で話している人

これは「Good morning. How are you?」「I am good. How about you?」は使い慣れているため、訳さずとも英語脳でダイレクトに理解できているからなんです。

さまざまな英語表現でこれと同じことをできるようにして、英語脳を作っていきます。

英語脳は大人でも作れる

語学習得は幼いうちが良いと言われますが、英語脳は大人になってからでも作ることができます。

実際、私もあることを意識することで、20代後半で英語脳を作ることができました。

そのポイントは、日頃の学習時からとにかく日本語を考えないクセをつけること。

私たち大人の脳はすでに日本語で考えるようにプログラムされていて、英語だけで考えるなんてすごくむずかしいと感じてしまいます。
でも、下記で紹介する勉強法で継続していけば、大人でも十分英語脳を手に入れることができます。

英語脳は今すぐ取り組もう

英会話ができるようになりたいなら、英語脳は早い段階から取り組むほうが良いです。

なぜなら英語脳は、今後のリスニングやスピーキング学習に必須の土台スキルだからです。

一度英語脳ができてしまえば、それをもとにリスニングしたり、話す練習を積み重ねるだけ。スムーズに会話する基礎力がどんどん積み上がってくれます。

実際私も、カナダに移って約3ヶ月で英語脳が作られたおかげで成長が加速し、半年で現地で働けるだけの英会話力を得ることができました。

英語脳を早い段階から取り入れてしっかり磨いていくと、英会話力を飛躍的に伸ばすことができますよ。

英語脳のメリット・デメリット

英語脳を作るメリットと、作らないデメリットを紹介します。

英語脳を作るメリットはたくさん

英語脳のメリットは下記です。

英語脳のメリット

・ネイティブの英語も理解できる
・思ったことをスムーズに話せる
・TOEICなどの読解問題も素早く解ける
・語彙や表現のバリエーションが増える

パッと聞き取って、パッと言葉が出るという、英会話の大切な部分の力がつきます。また、理解が速くなると長文読解などもスルスル読めるようになります。

日本語にとらわれないことで、英語の表現力も高まったように感じます。
例えば「めんどくさい」はとても便利な言葉で、ぴったりな英訳がありません。

でも今は日本語を考えていないので、「めんどくさいって英語で何ていうんだっけ…」みたいにモヤモヤ引っかかることもなくなりました。

その代わり、「I don’t wanna go to the gym.」など、「めんどくさい」気持ちをフレキシブルに表現できるようになりました。

英語脳を作らないデメリット

英語脳を鍛えないと、いつまでもテンポよく英語で会話できないままになってしまいます。

実際、英語がペラペラな人は、ほぼみんな英語脳を身につけていると思います。

日々の英語学習の密度にも影響してしまいます。
以下の2人なら、どちらがより多くの英語に触れていけるでしょうか?

・日本語に訳しながら読んでいる人
・英語脳でさっと英文を理解する人

前者が1文読む間に、後者なら2〜3文読んでより多くの英文から学べますよね。

英語脳を作る2つの方法

英語脳はインプットとアウトプットの両軸でアプローチする必要があります。

アウトプットしないことには話せるようにはなりません。

インプットが足りないといつまでも表現の幅が広がらず、言いたいことがうまく表現できないままとなってしまいます。

慣れないうちはインプットを多めでいろいろな言い回しを覚え、徐々にそれらをアウトプットする練習に移行すると効率的でした。

英語脳作りにおけるインプットとアウトプットのバランス
インプットとアウトプットのバランス

3ヶ月から半年程度を目安に、毎日バランス良く行っていくことで英語のまま発話する感覚が身についてくると思います。

英語脳の作り方①:インプット

インプットの学習では、日本語を介さず相手の言葉を理解する練習をします。また同時に、使える英語表現も増やしていきます。

リスニングの練習はもちろん、リーディングも取り入れると効果的です。リスニングとリピーティングはそれぞれ以下をメインにやります。

・リスニング  → リピーティング
・リーディング → 音読

リピーティングは、聞いた英語を一文ずつリピートしていく練習法です。
聞いた英語の意味を理解する練習、発音を聞き取る練習ができます。
> 「リピーティングとは?初心者のスピーキングを強化するやり方4ステップを解説

音読は、英語の音声に極力似せるように英文を声に出して読み上げる練習法です。
英語の語順で理解する力を高め、、英語脳を鍛えるのに絶大な効果があります。
> 「効果的に英会話力を高める英語の音読5ステップを解説

この2つを同時に進めることで、英語の音を正しく聞き取り、瞬時に理解するスキルを伸ばしていくことができます。

リーディングにはどんな教材がいいの?

英語初心者は、リーディングは絵本のような簡単なものから始めることがおすすめです。

絵本でいいの?と思うかもしれませんが、ぜんぜんOKです。継続することがなにより大切で、むずかしいものは挫折の原因となってしまうからです

さらに絵本は、日常的によく使われる初歩的な表現の宝庫で英会話初心者にぴったりなんです。絵本学習をしっかりやるだけでも、日常や旅行で使える英会話表現がぐっと広がります

英語の絵本はAmazonなどでも販売されていて入手もしやすいのも魅力です。

TOEIC 400以上の基礎力がある人は、むずかしい単語が少なくて読みやすい語彙制限本のラダーシリーズがおすすめ。

中級者からは、Kindleなどの電子書籍でペーパーバックをたくさん読めるのを目標にしましょう。

ストーリーも楽しめるため勉強している感覚なく英語脳を活性化できます。

月額制読み放題のKindle Unlimitedなら、ハリーポッターシリーズも読み放題で読めちゃいます。

ちなみに、私が電子書籍を愛用している理由は以下です。

Kindleのメリット

・とにかく軽くて、いつでも読める
・辞書機能付きで、単語をすぐ調べられる
・紙の本なみに目が疲れない

電車などちょっとしたスキマ時間にポケットからサッと取り出して勉強できるので、時間をムダにしないですむのが最高です。

リスニングにはどんな教材がいいの?

リピーティングにはYouTubeなどの動画コンテンツがおすすめ。

特に私は、日常会話をバイリンガールちかさんの動画から学んでいました。誰にでもわかりやすい言葉遣いと発音で、グローバル人材としての英語を学ぶのにとても参考になります。

アメリカのマックでドライブスルー英語!// Lesson at the Drive-thru 〔# 206〕

英語脳の作り方②:アウトプット

インプットをある程度行ったら、実際に口に出す練習も同時に行っていきましょう。

いくらインプットしても、アウトプットも別で練習しないと英語がパッと出てくるようにはなりません。

英語脳で話すときの脳内の情報処理のイメージは以下。

英語脳の流れ

①最適な構文を選ぶ
②日本語を介さず主語を言い始める
③伝えたいことにあったイメージの動詞を選ぶ
④目的語、補足情報を追加していく

人によってやり方は違うと思いますが、私の場合はこんな感じの処理をスムーズにできるように練習しました。

これを練習する方法は、声に出しての「独り言」がおすすめです。

素振りは実際にバットを持って行うのと同じように、英会話の練習は実際に声にだすのが一番。

独り言は、文章の組み立てから口に出すまでの一連の流れをシミュレーションできる効果的な練習法です。例えば、以下のような内容を話してみます。

・今日一日あったことを日記のように振り返ってみる
・自分の得意なことを誰かに教えるように語る

誰もきいていないので恥ずかしがらず何でも言ってみると、新しく覚えた構文練習などの良い機会になります。

ひとつのことをいろんな構文パターンで言い直してみるのも良いですね。細かなやり方は以下の記事で解説しています。

アウトプットとインプットを両方とも同時進行することが大切です。

英語脳を定着させるには量をこなそう

私たちの脳は日本語脳のモードが染み付いているため、英語脳へ切り替えていくためには練習量を多くとることが必要です。

2,3週間やったらできるようになるというものではなく、あらゆるスポーツや習い事のように日々練習して数ヶ月間継続していく必要があります。

しかし、忙しい日々の中で毎日勉強するというのはとても大変ですし、なかなか続づかないですよね。

英会話が話せるようになる人とそうでない人に大きな言語能力の差があるかと言うと、実はそうではありません。

事においてもその道で成功する人に共通するのは、途中でめげずに継続ができたか、というシンプルなことなのです。

この一見シンプルなことが一番難しいのですが、それにはコツがあります。

それはポイントを理解して「習慣化」していくことです。

習慣化するためのコツは以下の記事にまとめていますので読んでみてください。

まとめ:英語脳の作り方 | 大人からでもペラペラになれた2つの勉強法を解説

いかがでしたか?

英会話を上達させていくには英語脳が必要というお話でした。

英語脳を作ることができれば理解や会話がスムーズになります。

英語脳は英会話の基礎とも言える脳の処理方法なので、早い段階から学習に取り組み、ある程度の量をこなしていくこと心がけましょう。

シンプルな学習方法として、リーディングでインプットしながら英文を先頭から理解する練習し、独り言で学んだこと使いながら先頭からダイレクトに英語としてアウトプットする練習が効果的です。

これらを習慣化し、数ヶ月単位で毎日練習していけば、英語脳を作ることができます。

英語脳を作って旅先での英会話を楽しめるように頑張ってください!

もし独り言で練習したフレーズを誰かに使ってみたいと思ったときは、ネイティブキャンプで練習するのがおすすめです。

詳しくは「ネイティブキャンプの口コミ・評判は?初心者の英会話力UPに最適な1つの理由」をどうぞ。

この記事が役に立った!と思ったらぜひSNSでシェアお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました