英語が聞き取れるのに話せない!英会話に行き詰まったときの原因と2つの対策

├ 鍛え方の基本
スポンサーリンク

「ネイティブの英語もなんとなく理解できるのに、自分が話すときは言葉が出てこない」

「言いたいことがうまく伝えられなくてもどかしい」

「どうにかして自分の考えを伝えられるようになりたい」

英会話を数ヶ月継続したあなたなら、少しずつ慣れてきた感触を感じているかもしれません。でも上記のように、スピーキングは思いのほか伸びていないかも、、ってことありませんか?

そんな英語が聞き取れるけどまだうまく話せないという方のために、英語が話せるようになった経験をもとに原因と対策を解説します。

この記事の内容

・英語が聞き取れるけど話せない原因
・話せるための具体的な練習法2つ

この記事を書いている人

・カナダで1年半の語学留学と接客業を経験
・インターンで現地ホテルのフロントデスクに起用
・帰国直後、勉強せずTOEIC 880取得
・現在はグローバルな外資企業に勤務
・カナダ生活開始時は英会話力ゼロスタート

聞き取れるけど話せないというのは実は誰もが通る道でもあります。ここを乗り越えるまでふんばれるか、で英語が話せる人、話せない人が別れます。

でもあなたはこの記事で乗り越えられることを知るのでもう大丈夫。途中であきらめずにここで紹介する効果のある練習法を実践して、ネイティブや先生と会話ができるようになっていきましょう。

スポンサーリンク

英語が聞き取れるのに話せない原因は、話す練習足りないから

聞き取りと話す力はまったくの別物です。日本人は話す練習がまったく足りないためにうまく話せないのです。

日本語でも実はこうゆうことよくあります。結婚式でよくある以下のようなスピーチも聞いて理解できるけど、何も見ず練習なしですらすら言えますか?

本日はご多用のところ、私たちの結婚披露宴に足をお運びいただき 誠にありがとうございます。

〜中略〜

本日は日ごろよりお世話になっているみなさまをお招きして日頃の感謝の気持ちをお伝えいたしたく、ささやかではございますがお食事をご用意させていただきました。短い時間ではございますが、どうぞお楽しみいただけましたら幸いでございます

たとえ日本語だって、言い慣れてない言葉はぱっと出てこないのです。英語ならなおさら。

義務教育でリスニングやリーディングはできる日本人。スピーキングは毎日数時間 x 数ヶ月は練習が必要ですが、これまでそんなに練習できていましたか?

聞き取れるあなたは「話せる」にちゃんと向かっている

英会話で人の英語が聞き取れているなら、このレベルに達するまでにあなたはとても努力しています。その調子で、聞き取りの精度を上げるように頑張っていきましょう。

ここまで来ていれば、英語を話せるようになるのも練習量と時間の問題です。

英会話は「聞き取れる」→「話せる」の順番で成長すればOKです。ネイティブの英語をどんどん聞いてたくさん吸収していきましょう。話せる下地作りに重要なステップをちゃんと踏めています。

私もカナダで語学学校に入ったとき、聞き取れるけど話せない状態が続きました。というか、入って2ヶ月くらいは聞き取れてすらいませんでした。

先生の質問に答えるのに「There is か、it is か…」と一言目から出てこなくて間が空いたり、「(花火が「打ち上がる」ってなんだ…)fireworks ボンッ」と擬音でしか言えなかったり…

ちなみに、語学学校の日本人の友人も「言ってることはなんとなくわかる」と言いつつスピーキングがそこまでな人ばかりでした。

だから、ただひたすら先生の言葉を聞いて使える表現はメモして見返したりして、とにかく聞くことで吸収するように心がけていました。

そうして生の経験を通して得たボキャブラリーは、身になるのも早いんです。

メモを見返して当時の状況や文脈を思い出しながら英作文して使ってみると、すっと自分に馴染んできて案外はやく使いこなせたりします。たくさん聞くことで下地ができているんですね。

この繰り返しを積み上げた先に、英語を「話せる」自分がいます。

なので、効率的に話せるようになるためのアウトプット方法を次で紹介します。

英語を聞き取れる人が話せるようになる方法

英語を話せない人は英会話で実践する前の下準備で、英会話中に気持ちよく話せるかが決まります。

具体的には下記の方法を、毎日2時間以上を目安に練習すると効果があります。(ぴったり2時間分話し続けるということではなく、取り組む時間が2時間ということです)

わたしは毎日のカナダ生活で先生や友人と会話の練習をしつつ、家でも宿題中や英語関連の動画を見ながら、またお風呂に入りながらぶつぶつ独り言を言って練習していました。

瞬間英作文

瞬間英作文は、とても短い日本語の文を、瞬間的に英文になおしていく練習法です。

日本文を手がかりにするので、まだ英語で文章を話すのが苦手に感じる人は瞬間英作文から始めるのがおすすめです。内容は身近にあることや日頃考えていることを短い英文で表現していきます。

瞬間英作文の例

この建物は、あの建物と同じくらい古い。
 → This building is as old as that building.

一言レベルの英文でも瞬時に言えるようになれば、短文を複数並べることで問題なく英会話ができるようになります。わたしも英会話初心者だった最初の6ヶ月くらいはこの方法で話して、授業のプレゼンなどもやっていました。まずはこの段階を目指していきましょう。

わたしは参考書など使わず自分の言いたいことを英作文していました。お手本をみながらでないとむずかしい、という人は専用の参考書も出ていますので活用してください。

詳しい内容は「瞬間英作文の効果とは?「スピーキングが苦手」を克服するやり方5ステップ解説」で解説します。

独り言

瞬間英作文に慣れてきたら卒業して、独り言へ移行しましょう。

独り言はその名の通り、頭の中の考えをとにかくぶつぶつと英語にして話していく練習です。「英語が話せる」ための土台は、ほぼこの独り言の量しだい、といっても過言ではありません。

独り言でしっかりと言いたいこと、フレーズ、英単語を使い慣らしておき、英会話レッスンなどで実践するのです。(わたしはカナダにいたので、家の外の時間が実践タイムでしたが)

自分がいろいろの英語を話せるようになると、相手が放った英語も瞬時に理解して聞き取りも伸びていきます。相乗効果ですね。

独り言のやり方などは「英語初級者必読!スピーキング力に直結する独り言のやり方を解説」で紹介します。

まとめ:英語が聞き取れるのに話せない!英会話に行き詰まったときの原因と2つの対策

いかがでしたか?

聞き取りができても話せないというのは多くの人が通る現象です。

これは単純に学校などで聞く読むの練習をたくさんしてきたけど、話す練習がまったく足りていないからです。

聞いた英語フレーズはいつか必ず使えるのでストックしていきましょう。

そして並行して瞬間英作文や独り言でスピーキングの練習量を確保していきます。

継続していけば言いたいことがスッと気持ちよく言葉になるときが絶対にきます。それまで頑張って練習していきましょう。

もしこの記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSで英語仲間にもシェアしてください!

わからないことがあればお気軽にコメント欄へ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました