PR

英会話教室で挫折?対策6つと挫折せず上達できる代替案

本サイトは一部にPRを含みます。

①英語脳を作る

こんにちは、Yukiです。

「英会話教室に通っても一向に上達しない」

「先生の英語を理解してるか自信ないし、だから自分も堂々と話せない」

「英会話教室を続けて本当に話せるようになるの?その他におすすめな方法はないかな?」

このような悩みに答えます。

私も昔にグループレッスンの語学教室に通っていたことがありました。

1年通っても一向に話せるようになる気配はなく、初心者が必ず習ういくつかの基本センテンスを覚えただけで終わってしまいました。

もちろん会話できるレベルになんて到底至らなかったです。

しかし、時が過ぎ20代中盤に差し掛かる頃、英語学習に再チャレンジし今では英語で仕事ができるまでになりました。

今回は、スクールで挫折した私が、やり方をどう変えて英語を話せるようにできたのかシェアします。

この記事を書いた人:Yuki
  • カナダで1年半の語学留学と接客業を経験
  • 現地ホテルのフロントデスク勤務(インターン)
  • 対策なしでTOEIC 880取得
  • EU系外資企業に勤務中
  • カナダ渡航時は英会話力ゼロスタート
  • 夢は自由に好きな国で暮らすこと

この記事を読めば、なぜあなたが英会話教室で成長できないのかが理解できます。

そしてその代わり、どのように英語学習に取り組めばいいのかがわかるようになるので、最後までご覧ください。

英会話教室で挫折した理由

はじめに、私の経験ももとに、なぜ英会話スクールを挫折してしまうのか、話せるようにならないのか考察します。

成長が実感できないから

まず一番大きな挫折の理由はこれですね。1年経ってもいくつかのお決まりセンテンスを覚えただけで、自分の頭で考えて話せる実感が伴っていませんでした。

成長が感じられなければ、自暴自棄になるのは当たり前です。

これ、今だからわかるんですが、練習頻度がまったく足りなかったからなんです。語学の習得は、毎日話すのが基本。

もう一度言います。毎日が基本です。

これについては後半で詳しく解説します。

先生と合わない

先生との相性もあります。

プロの講師といえど教え方や性格が合わないことはあります。

毎週通うのがつらいのであれば、講師を変えてもらうなどする必要がありますね。

グループレッスンで話しづらい

集団型の教室だと、自分より話せる人が必ずいます。

自分の拙い英語を聞かれるのが嫌で、気後れしてしまうんですよね。

英語を話す練習しに来ているのに、これでは元も子もありません。

先生の英語が聞き取れない

先生の英語が聞き取れず、コミュニケーションが成立しなくてストレスに感じるパターンです。

グループレッスンだと、この人質問を理解できてないなと思われるのが嫌で、なんとか誤魔化そうとして、結果自ら成長の機会を逃したしまいがちです。

自分の意見が英語で出てこない

質問をしっかり聞き取れないと、ズレていないか不安になり、発言できなかったりします。

質問されても意見が英語で表現できなかったり、そもそも大した考えを持ってなくて恥ずかしかったりもします。

さらに意見があっても、別の生徒の方が反応が早くて発言できなかったということもありますよね。
 

通うのが億劫

私は当時片道50分くらいかけて週一回のスクールに通っていました。

せっかくの休日なのに毎週移動で多くの時間を費やしてしまうんですよね。

忙しい人なら尚更、これは本当にもったいない。この時間をもうワンレッスンに充てたほうが成長します。

移動の手間をかけて成長も見えないとなると、毎週の通学が億劫になってきます。

学ぶ必要性が乏しい

語学の習得にはかなりの労力を費やします。

仕事で海外と接するなど、緊急性がないとついついだらけてしまうんです。

いつか役に立つから、という温度感では上達するのは難しいですね。

本気になれていない

緊急の必要性に加えて、英語を通した夢が具体的にあるかが、1番大切なポイントになってきます。

「カナダにワーホリに行きたい」

「シンガポールに住んでビジネスする」

「〇〇さんともっと深い話がしたい」

考えるだけでニヤけてしまうような本気の夢や目標があると、簡単に継続ができるようになります。

私は夢がなくただ漠然とスクールに通っていたので、やる気も出ずフェードアウトしてしまいました。

逆に、英会話を習得したときは、強い目標を持っていた時期でした。

英会話習得で挫折しない対策

英会話教室に挫折してしまった人は、1年以上通ってるのに自分は英語に向いてないのかも、と落ち込むかもしれません。

でも、そんなことはありません、

向き不向きもあるし、ゼロからの初心者には英会話教室で上達するのはハードルがかなり高いと思います。

まずは、折れずに継続でき上達のベースとなるような考え方をシェアします。

さらに後述で、上達に必要なコツも紹介していきます。

目的を明確化

最重要なのが、目的の明確化です。

なぜなら、これが長い英語学習を走り続ける唯一のエンジンとなるからです。

英語が話せる自分でどんなことをしたいのか、嘘偽りなく、誰の目も気にせず紙に書きだしてください。

ワクワクする目標があれば、挫折することなく英語が話せるようになるまで頑張り続けられます。

毎日習慣化する

英会話習得の基本は、「毎日」です。だから英語を話すことを習慣化してしまいましょう。

週1回では10年以上かかると思ってください。成長が見えないのにただ続けるのはかなりの苦行ですよね。

幼児の場合を考えてみてください。
週1回1時間だけ話すだけで、3歳までに話せるようになると思いますか?幼児は毎日毎日、同じ言葉を何度も何度も繰り返して、数年かけて習得しています。

あなたが今からやるべき行動はシンプル。

「毎日」英語を「話す」ことです。

負担を減らす

無理のないように毎日続けるには、いかにして負担を減らせるかを考えないといけません。

日々仕事しながら忙しい状況を考えると、通学の移動の負担は削減効果が大きいです。
それだけで毎日1~2時間の余裕が生まれますからね。

他人と比べない

他人との比較は多くの場合、ネガティブな影響が強いです。

グループレッスンだと、自分よりできる人の前では発言量を少なくしてしまって成長が遅くなるし、自暴自棄になりやすいです。

できれば初めはマンツーマンにして、昨日の自分と比べるようにしたいですね。

楽しく続ける

英語が話せるようになるには、1000時間以上を費やす必要があります。

自分が楽しいと思えるやり方を見つけないと続きません。

それは「シャドーイングが好き」など楽しい練習手法でもいいですし、自分の成長を認めてあげることも大切です。

成長を実感する

やっぱり何より楽しいのは、「自分ならできるはず」という自己肯定感を持てるときです。

できたこと、できなかったことを、日記に残してみてください。
シャドーイングなら、今日の発音を録音してください。

そして1か月後にその記録を見返したときに、「あ、これもう簡単じゃん」って思えれば、次の1か月・1年も頑張れるはずです。

スピーキングが上達しない理由と成長のコツ

ここまではマインド面を含めた挫折の理由や対策をシェアしてきました。

次では、より技術的なスピーキング上達法をお話します。

上達しない理由はアウトプット不足

1年以内に少しでも成果を出したいのなら、週1回1時間の英会話教室ではスピーキング練習量がまったく足りていません。

なぜなら、英語のスピーキングとは、スポーツと同じで脳や体に慣らしてできるようになるものだからです。

野球なら毎日バットの素振りを、ピアノなら毎日弾いていないと、人並みにできるレベルにはならないですねよ。それと同じです。

私が英語を話せるようになった過程を振り返って、もし毎日たくさん話していなかったら、1年では到底上達できなかったと実感しています。

英語脳ができると思い通りに話せる

私は毎日8時間のアウトプットを習慣にしてから、2ヶ月ほどで見違えるほどスピーキングが上達しました。

上達の理由は、英語脳が作られはじめたからです。
英語脳とは、言いたいことが日本語を介さず直接英語となって口からでてくる力のこと。要するにネイティブのように話すことができ、日本語訳する必要がなくなったのです。

昔は、脳内で文章を一単語ずつ翻訳して話して、こんな大変なのにペラペラ話せるわけない!って思っていました。

そうなんです。日本人でもネイティブのようになって、考えがそのまま英語として出てきて話すなんてことが可能なんです。
おかげで今、海外の人とディスカッションまでできるようになりました。

毎日大量にアウトプットできる環境を作る

私が英語脳を作れたきっかけは、濃い英語環境に毎日浸ることができたからでした。

机上の勉強ではないです。
毎日、外国人と会話する環境を作ったんです。とはいえもちろん、1日の終わりにはその日を振り返って一人で復習・練習もしましたよ。

実体験からいって、実践的なアウトプットを1日2時間できれば、1年で言いたいことが日本語を介さず直に英語で話せるようになると思います。

だから、いかに毎日英語を話す環境を作れるかがポイントとなるんです。

国内で擬似留学のような環境を作ってみましょう。
日常の合間の2時間を留学にするつもりでやってみてください。

英会話教室以外の上達できる方法

上記を踏まえ、英会話教室のような挫折をしにくく、かつ短期間で成長が見えやすい代替案を紹介します。

おさらいですが、挫折しないためには以下の条件に当てはまるやり方がいいです。

  • 毎日習慣化する
  • 負担を減らす
  • 他人と比べない
  • 楽しく続ける
  • 成長を実感する

それに加え、ワクワクできる夢や目標を書き出すのも忘れないでくださいね。

この条件を満たして、かつ驚きのコスパを実現できるのは「オンライン英会話」です。

なぜなら

  • 毎日複数レッスン受けられて
  • 家でスマホで受講すれば負担も少なく
  • フィリピン人講師はお話好きで明るくて
  • 気楽なマンツーマンレッスンで
  • 無料で実力テストも受けられる

からなんです。

オンライン英会話ならどこでもよいかというと、そうではありません。

私は定額でレッスン受け放題のネイティブキャンプをおすすめしています。

話し放題のサービスなら上達が早い

ネイティブキャンプは、毎日何度でもレッスンが受け放題。

しからもレッスン予約がいらないから、毎日の都合に合わせて確実にレッスンを受けられるんです。思わぬ残業が入っても、帰ってきた時間に始めればいいので気がラクですよね。

毎日最低2レッスン以上受けられれば、数ヶ月単位で少しずつ話せる実感が得られるはずです。

価格は他社より少し安い水準の定額たった6,480円。

まずは無料体験だけしてみてください。7日間受け放題なので、平日と休日ともに受けて、あなたのライフスタイルにどう組み込むか考えてみましょう。

もし合わなければ、7日以内に解除手続きすればお金はかからず安心です。

1日も早くグローバルな自分になりたいなら、1日も早くアウトプット環境を作ろう!

\ 【ネイティブキャンプ】登録はたった3分/
無料体験後に有料プランに移行で
Amazonギフト券5000円分プレゼント中| 2月末まで
※まずは上記リンク先の「登録はこちら」から無料体験!
※解約はいつでも無料でOK

もちろん、その他にも英語脳を作ってペラペラになるのに大切なことはあるので、以下の記事で詳しく解説します。

>英語脳の作り方 | 大人からでもペラペラになれた4つの勉強法を解説

対面での通い放題が好きな人は

上達効率と負担の少なさで言えば、ネイティブキャンプが一番上達しやすいです。

ただ、どうしてもリアルな人との対面でないとモチベーションが続かないという人なら、毎日通い放題の英会話カフェという手もあります。

毎日通っても定額で、おしゃれなカフェで外国人とリアルな英会話をできます。

授業ではなく、カジュアルな雰囲気でおしゃべりをしてみたい人は、英会話カフェというのも考えてみてください。

ほとんどの英会話カフェは毎回入場料を払う必要がありますが、英会話カフェLanCulなら定額通い放題のカフェを都内にたくさん構えています。

無料体験もできますよ!

まとめ:英会話教室で挫折?対策6つと挫折せず上達できる代替案

いかがでしたか?

英会話教室に通っても上達が感じられず、モチベーションも下がってしまう人は多いと思います。

次こそ挫折しないためにも、今度は毎日英語を話す習慣をつけることにまずフォーカスしてみてください。

すると成長度合いが何倍にもなります。

成長が感じられると、楽しくなって挫折もしなくなります。好循環のスパイラルに乗れるんです。

毎日英語を話すのをサポートしてくれる良心的な価格のサービスを活用するのをおすすめします。

もしこの記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSで英語仲間にもシェアしてください!

1日も早くグローバルな自分になりたいなら、1日も早くアウトプット環境を作ろう!

\ 【ネイティブキャンプ】登録はたった3分/
無料体験後に有料プランに移行で
Amazonギフト券5000円分プレゼント中| 2月末まで
※まずは上記リンク先の「登録はこちら」から無料体験!
※解約はいつでも無料でOK

コメント

タイトルとURLをコピーしました