英語脳に切り替えるとどうなる?3ヶ月目に起こったブレークスルーを紹介

英語脳
スポンサーリンク

「英語をペラペラ話せる人の頭の中ってどうなってるの?」

「英語脳に切り替わるとどんな感じなの?」

こう感じている人のために、私が英語脳に切り替わったときの経験や、日本にいて瞬時に切り替えるためにやっていることを紹介します。

この記事を書いている人

・カナダで1年半の語学留学と接客業を経験
・インターンで現地ホテルのフロントデスクに起用
・帰国直後、勉強せずTOEIC 880取得
・現在はグローバルな外資企業に勤務
・カナダ生活開始時は英会話力ゼロスタート

英語脳が作れないとある程度から英会話力が伸びなくなります。

この記事を読めば英語脳へ切り替わっていく過程を知って、効率的に学習することができますよ。

スポンサーリンク

英語脳とは

英語脳とは、英語を聞いたり話すときに、日本語を介さず英語だけで処理できる能力のこと。

英語脳があると以下のようなメリットがあります。

英語脳のメリット
  • リスニングやリーディングのときは英語の語順ままスムーズに理解できる
  • スピーキングするときはシンプルで伝わえる英語が話せる

「This is a pen」に日本語訳はいらないですよね?

翻訳せずわかる・言えるこの英文は英語脳で処理できていることになります。

正しく継続的に英語学習することで、大人でも英語脳へ切り替えていくことができます。

英語脳と日本語脳の違い

純日本人でも、脳内が100%英語だけなんてありえるの?

と信じがたいですが、ありえます。

むしろ日本語が浮かんでくると英語を処理しにくく、邪魔に感じるくらいです。

今の私って英語脳になれてるのかな?と思った人は、

少しでも日本語を頼りに考えてしまっているのなら、まだそれは日本語脳です。

英語脳では聞いた言葉をダイレクトに理解してうなづくことができます。

ちょうど日本語を聞いたときと同じように。

スピーキングでも「これを言おう」と思った次の瞬間に英語の主語が口から出てきます。

次に私が英語脳に切り替わり始めたときの変化の様子をお話します。

>英語で考えるって結局どうゆうこと?日本人英語スピーカーが脳内で行っていること3つ

英語脳へ切り替わり始めたとき

英語脳に切り替えていくには、完璧主義を捨てなくてはいけません。

私はカナダの語学学校に通い、1日8時間くらいを英語漬けで過ごしていました。

3ヶ月くらい経って授業でプレゼンをしているときに、言いたいことがダイレクトに英語にできたり、できなかったり、という感覚を徐々に覚えはじめました。

脳から口へ英語だけが通っていくのです。

このときやっていたことの詳しい内容は以下で解説しています。
>英語脳を作る期間は〇〇時間!英会話習得までの体験談を解説

自分が話している間は脳内で日本語での内容チェック作業がなく、口から出ている英語が正しいのか考えている余裕もありません。

だから自分が意図した通りの言葉をちゃんと言えているのか不安のまま話していました。

それでも毎日続けて半年くらい経つころには、自分が思ったことを英語のまま拙くとも話せていることに気づきはじめました。

リスニングも同じように、正確に理解してるのかわからなくても聞き続けていき、日本語訳せず意味が理解できるようになっていました。

英語脳を作るには、不安でも日本語をなくす意識をしながら突き進むのがベストです。

ちなみに英語脳に切り替わると、長時間の英会話でも疲れにくくなります。
>英語を話すと脳が疲れる理由とたった1つの対処法【海外で1日11時間働いても疲れない】

英語脳に切り替えるための学習法

英語脳に切り替えるための学習を正しくやるのが近道です。

学習方法はインプットとアウトプットをバランス良く、どちらも大量に行っていくことです。

学習時はどんなときも日本語をシャットアウトする意識をもってください。

そして事柄と英単語を直接結びつけることで英語脳を作れます。

例えば、かけ込み乗車したという話なら

「自分がかけこみ乗車している」イメージ(事象) 

= rush onto a train

のように「動作」と「英語」を直接結びつけましょう。

「駆け込み乗車する」という日本語訳を暗記しては絶対にいけません。

そしてrush onto a trainを毎日独り言で使って練習すると定着してきます。

詳しい学習方法はこちらの記事で解説します。

瞬時に英語脳に切り替えるには

ある程度まで英会話を習得しても日本語で毎日を過ごしていると、英語脳にすぐに切り替えることができなくなります。

日本にいても素早く切り替えできるようにする方法は、大量の英語に日々触れることです。

私も一時期、とっさに海外の電話が来てうまく話せないときがありました。

一日30分以上、以下のいずれかをやるようにしてからは割と切り替えもスムーズに保てています。

Kindle Paperwhiteで洋書

小説やビジネス書をゆっくりと日々読んでいます。

読みにくいものもあるので、サンプルを試し読みすることをおすすめします。

Kidle Unlimitedでハリーポッターが読み放題だったり、たまに最近の小説が0円でオファーされていることもありとってもお得です。

ちなみにスマホのKindleは目が痛くなるし寝る前に読みたくないので、断然Kindle Paperwhite派。いつも持ち歩いています。

中上級者が英語脳をキープ/向上していくのに、多読は手軽で効果も高く欠かせない学習法でした。英語脳と多読の関係について「英語脳の強化に多読が効果的な3つの理由」で考えてみました。

BBC News

スマホで朝の通勤時に読むようにしています。

日本のニュースだけでは世界がどうなっているのか情報が入ってきません。

各ニュースの見出しとリード読むだけでもいいので英語ニュースはいろんな意味で見ておくべきです。

BBC: https://www.bbc.com/news

YouTube

リスニングやシャドーイング教材として大活躍です。

シャワー中に聞き流したりもします。

以下のチャンネルとか見てます。

バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika

Nate O’Brien

TED

英語で独り言

インプットしてもアウトプットなしでは効果がでまんせん。

いつでもできるときに、何かを説明したり、仕事で使える表現を口に出して覚えたりしています。

独り言については以下でやり方を解説しています。

まとめ:英語脳に切り替えるとどうなる?3ヶ月目に起こったブレークスルーを紹介

いかがでしたか?

英語脳に切り替えると日本語が一切浮かんでこなくなります。

英語脳ではじめて処理し始めると、ほんとうに正しく聞いたり、意図通りに話せているのか不安になります。

ですがそんな時こそチャンスです。

たとえ間違っていてもガンガン触れていくことで確実に英語脳ができてきます。

もしこの記事が良かったと思ったらぜひSNSでシェアしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました