英語を話すなんて無理?旅行で英会話を楽しむためのスピーキング上達法を解説

スピーキング力
スポンサーリンク

「英単語や文法は少しは覚えたのに、会話ではぜんぜん言葉にならない」
「旅行したときに英語で話したいんだけど学習方法がわからない」

英会話上達への道筋が見えなくて悩んでいませんか?


そんな方のために、この記事ではスピーキング上達のために知っておくべきこととスピーキング上達の具体的な学習方法を紹介していきます。


ちなみに私はこの方法で、4単語程度の文しか話せなかったレベルからカナダに留学し、半年後には飲食店の接客アルバイトができるようになりました。さらに2年経つ頃には就職して外国人とミーティングできるまでになりました。


海外旅行が好きな私は、旅先で積極的に話しかけて現地の人とのコミュニケーションを楽しんでいます。旅行で英会話でスピーキングができるようになるステップを解説していきます。

スポンサーリンク

英語のスピーキング上達に必要な土台の考え方

小学生にもわかる簡単な表現で良い 

カジュアルな英会話を楽しむ上で難しい表現は必要ありません。伝えたいことの本質を考えてシンプルな言い方で伝えてください。

なぜなら英語とは異なる文化の人たちが理解しあう共通言語であり、シンプルにお互いの「アイデア」が伝われば十分だからです。

「今回の旅行で私は新しい視点を得ることができた」と言いたい時に、I… new… 視点?sight? I get new sight?などと考えずに「I learned a lot (though this trip).」でOKです。そして「例えば〇〇。あとは〇〇。」みたいにぶつ切りの短い文章をつなげていきます。

そんなんでいいの?と思うかもしれませんが実際、英語を第2言語とする人たちはみんなこんな感じに平たい表現で話しています(もちろんレベルが上がれば文章も変わってきますが)。難しく考えず、根っこの意味合いを見つけ出しシンプルに表現しましょう。

インプットとアウトプットをバランス良く

インプットばかりではな、学んだことをアウトプットする機会をもっと意識する必要があります。
練習でできないことは本番でもできません。ここでいう練習とは日頃の声に出したスピーキング練習です。


単語を覚える。フレーズ集を買って読んで見る。NHK英会話を見る。みなさんが日頃やっている行為の多くはインプットです。英会話でうまく話すには、

1. 単語・表現を知っていること
2. それを十分に言い慣れていること

のふたつが必要ですが、2番が圧倒的に足りていないのです。覚えた単語やフレーズを何も見ずに思い出して音声化する思考回路も太く鍛えてあげないといけません。

日頃からいろんなパターンの素振りをしておくようにしましょう。

英文は重要なことから順番に足していく

英語は大切な情報を先出しで伝え、あとから追加情報を順番に補う、という考え方をするとスムーズに組み立てられます。


分解するとこんな感じです。

主語/動詞 + 目的語 + 補足


具体例では

私は会った + 友達に + (どんな友達?)アメリカに住んでいる

この英語は次の二通りで表現できます。

I met my friend who lives in America.
I met my friend. He lives in America.


まずは「誰が何した」。次に「何を?」。 最後にその他の部分を伝えるのが基本形です。文章が長くなってもこの考え方で組み立てていきます

スピーキング上達の具体的な学習方法

スピーキングのためのインプットのやり方

インプット1:単語を学ぶ

英語を話す上では中学レベルの英単語が必要です。
高校以上の英単語力もあるとベターですが、旅行英会話では中学レベルの英単語だけあればわからない単語があっても「あれだよ、あれ」方式でだいたい乗り越えられます。(笑)

まずは中学で出てくる英単語をしっかり覚えましょう。具体的な英単語の覚え方はこちらの記事で紹介しています。

インプット2:定型文を身につける

定型文を覚えると英会話が楽になります。

フリートークというと一見文章の組み立て方は無数にあるように感じますが、日常会話はお決まりの一言を覚えていれば返答できるものも多いのです。

例えば「それ大変なことになるぞ」って言いたいときに普通に文章を思いつくのは大変じゃないですか?この一言を知っていれば表現できちゃいます。

You're in big trouble.

こういったよく使う一言を学ぶにはReal英会話というアプリがおすすめです。日常的に「そうそう、こうゆうの言いたいけど言えなかった〜!」っていう表現の宝庫です。

私は通勤中ずっとこのアプリをぼそぼそとリピートしていたおかけで英語フレーズが増えただけでなく、知らない表現でもなんとなくこんなニュアンスなら言わんとする事が伝わるかな?っていうセンスも磨けたように感じます。

ちなみにこのアプリは有料ですが、一度買うとその後ずっと無料でフレーズは更新され、私が買ったときより2倍以上のボリュームになっています。少しずつ価格も上がっているのではやく買ったほうがお得ですよ。

Real英会話アプリはこちら


またYouTube動画から一つを繰り返し聴き、シャドーイングするのもとても効果的です。
シャドーイングはリスニングとスピーキングの両方を育てる学習方法で、繰り返す中で生の英語表現や構文を覚えられます。

様々な勉強法がある中シャドーイングは私の一番好きな方法で、英語力が中上級以上になった今でもずっと続けています。私がこの5年間で計1,000回近く聴き続けているのはスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学でのスピーチです。自分のレベルに合った何度も聴きたいと思う動画コンテンツを見つけてぜひやってみてください。

Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address

スピーキングのためのアウトプットのやり方

これまで述べたインプットの成果を発揮する方法として、声に出して独り言を行ってください。いわゆる瞬間英作文です。

アウトプット練習で期待するのはこの2点です。

・脳にしまわれた英語を瞬時に引き出せるようになる
・英単語を発するときの動きを口の筋肉に記憶させる 

インプットした情報はそのまましまっておいたのでは使い物になりません。何度も引き出しを空けて取り出してみる練習をしないと、本番でスムーズに発することができないのです。

自転車の乗る練習を繰り返すことでブランクが空いても体が乗り方を覚えています。口の筋肉も日頃から使ってあげることで単語を発するときの動きに慣れてきます。

学習で学んだ英語を使ってオリジナル文章を作成したり、その日あったことを1分にまとめてみたり、ネットで読んだものを英語で要約してあげる、など日常のなかでアウトプットをクセづけると良いです。反応の瞬発力がどんどん良くなっていきますよ。

まとめ:インプットとシンプルな文章作成を日々継続して、次の旅行で英会話も楽しもう!

いかがでしたか?英会話は果てしなくて、難しいと思っていたのなら、少し気が楽になったのではないでしょうか?

やることはシンプルに、小さな努力をいかに継続できるかが将来の英会話力を左右します。
この記事で紹介した考え方と方法を実践してみてくださいね。

もしこの記事が良かったと思ったらぜひSNSでシェアしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました