英語初級者必読!スピーキング力に直結する独り言のやり方を解説

スピーキング力
スポンサーリンク

こんにちは、Yukiです。

「英会話で言いたいことがぱっと口から出てこない」
「言いたい言葉の英単語がなかなか思いつかない」

自分の思いを話したくても上記のようになかなか話せず悩んでいませんか?

この記事ではそんな方のために、英会話を上達する上で絶対にやってほしい「独り言」がどうして効果があるのか、ネタ切れせず長期的に続けるための独り言のやり方を紹介します。

私は英語をほぼ話せない状態でカナダ留学に行き、外国人の友達と話したあとずっと英語が頭の中をぐるぐると回って独り言をぼやいていたときがありました。

そんな日々が続くと、今まで人前で話したことのない英語表現がポッと突然口をついてでてくることが起きるようになりました。

そして3ヶ月経つ頃には少しずつ話せるようになり、語学学校の課題のプレゼンをたどたどしいながらできるようになっていきました。


半年後には自分の中で文章をそれなりにテンポ良く組み立てて、飲食店の接客程度ならわりと話せるようにもなっています。

このブログでは自分で英会話をして旅行を楽しめるように、英語学習のコツを紹介しています。

英語学習歴5年以上の私が、英会話初心者から取り組んでほしい英語の独り言について解説していきます!

スポンサーリンク

英語がとっさに口から出ない理由

この記事を見ている方は、英語がなかなかスムーズに出てこないという悩みを持っていると思います。

実は英語を話すことと、テスト用紙上で読み書きできることはまったく別個のスキルであるため、何年も読み書きの学校英語を学んできても話せないというのは当たり前のことなのです。

どんなに正しいバッティングフォーム理論を学んテストで満点が取れても、それに沿ってバットを振る練習をしていなければ試合では打てないのと一緒です。

話す練習が足りていないので、これからはとにかく話す練習をしましょう。

でもどうやって?英会話教室に通うと月謝も高いし。。。

ご安心ください。

独り言ならお金もかからず、効果絶大なスピーキング練習がひとりでできますよ。

でもどうして独り言がスピーキングに役立つのでしょうか?

なぜ独り言でスピーキングが伸びるのか

英語を話せるようになるには英会話に通わないと無理じゃないの?と思う方も多いかもしれません。

でも独り言は十分に実践的で、以下の理由で実際の会話のための下準備となります。

 
・瞬時に文章を組み立てる練習になる
・繰り返し使うほど言葉は脳に定着していく
 

会話では相手の言ったことに対して瞬間的に言葉を発さなければいけません。

私の場合、言葉を発する際のおおまかな思考の流れは、

 
自分が話す文章の全体像を考える
  ↓
主語から順に単語を紡ぎ重要な内容(5文型)を言い切る
  ↓
5文型の項目以降の補足を付け足していく
 

という感じです。

これが瞬間的にできるように独り言で練習しましょう。

さらに、これを長期的に繰り返すことで表現や単語、構文を脳に定着させていきます。

自転車が乗れるようになるときに何度も練習したように、英作文のコツを掴むには反復する以外に方法はありません。

独り言のメリット

独り言は、以下のようなメリットがあり、英会話力に直結する学習ができるとてもおすすめの方法です。

 
無料で実践に近い
間違いを復習がしやすい
学習時間が確保しやすい
 

順番に見ていきます。

無料で実践に近い

英会話スクールに通えばプロの先生に教えてもらえるメリットは大きいものの、月額1万円程度と決して楽ではない出費です。

毎日レッスンを受けようと思ったらお金も通学の時間もかなりかかってしまい、仕事や学校で忙しい中では現実的ではないでしょう。

しかし独り言であれば一切お金がかからず、実際に話す思考回路の構築から瞬間的に文章をつくる力、英語の発音のための口の筋肉まで、好きなときに鍛えることができます。

私は気づけばいつも独り言で脳内シミュレーションしていていたおかげで、人と会話をしているときにはじめて口にする言葉が自然と出てくることがよくあります。

間違いの復習ができる

人と会話しているときは話に集中しないといけないため、自分の英語の間違いに気づいたとしても振り返っている時間はありません。

しかし独り言なら英語の間違いに気づいたときに、どのタイミングで何度流れを断ち切っても誰からも文句はいわれません。

「あれ、この表現ってこの使い方でいいんだっけ?」
「あそこを過去形にするのまた忘れちゃったな」

なんて振り返って一から文章を言い直せます。

自分の苦手な部分をじっくりと見直す作業なしでは成長できないと言っていいほど、新しい言い回しを増やす上でとても重要です。

例えば、

 
・provide me with the information なのか
・provide the information with me なのか
・provide the information for me なのか
 

といったややこしい英語は、何度も間違える度に向き合うことでやっと覚えられるのです。

学習時間が確保しやすい

独り言は、これだけ濃い学習がいつでも好きなときに好きなところでできることが大きな利点です。

もちろん英会話なら決まった時間にしか学習できませんし、教材を使った学習も参考書を持っていなければ学ぶことができません。

それに比べ独り言は、帰りの電車でも、待ち合わせの合間でもタイミングに関係なく行うことができます。

手軽なのでほんの1分の学習からじっくり30分学習だってできます。

英語では、小手先のコツなんかよりもとにかく継続が最も大切です。

手軽にいつでもできるということはとても大きなアドバンテージなのです。

メリットを理解したら次は具体的なやり方について解説していきます。

スピーキング力を伸ばす独り言のやり方

今日あった出来事から話す

朝起きたときから、身支度、仕事や学校、アフター6、帰宅まで1日にあったことを一通りまとめてみたり、特に印象に残った出来事について話してみましょう。

自分の話がなかなか思いつかないときは、視点を変えて上司や同僚、友人、電車で気になった人などについて考えてみると話題が見つかりやすくなります。

また私の場合、その日に友人と話した内容を思い出し、会話の続きを勝手に膨らませるといくらでも独り言が続けられました。

YouTubeや本の内容を要約する

自分の話以外にも、本で読んだ内容、YouTubeやTwitterなどSNSで見たことなどをまとめて話すというのもおすすめです。

自分が興味あることであれば思い返すのも楽しいですし、ビジネス書などであれば英語の練習と同時にその内容を復習することで学習効率が高まります。

この方法なら話す内容が尽きることもありません。

ルーティーンは前と違う表現で話す

いつものルーティーンは、何度も独り言をしていると同じことばかり言っているなと感じてしまうかもしれません。

こういったときは少し表現を変えてみるのも方法です。

例えばランチに行ったという内容であれば

 
・I went to lunch with my colleague. 
 同僚とランチに行きました

・I talked with my colleague over lunch.
 ランチをしながら同僚と話しました
 

といったように、動作の視点を変えてみると違った表現に出会うことができますよ。

得意分野を教える

あなたの趣味や得意分野を教えるつもりで独り言を話してみましょう。

今はまっている趣味や長年続けてきた特技があれば、先生になったつもりでコツや気付きを教えるようにするとネタがいくらでも出てきます。

また仕事を後輩に教えたり、上司に説明するつもりで話せば、自分で仕事のやり方を整理することができますし、将来英語で仕事をするための練習にもなります

 独り言のためのインプット

独り言を継続的に行っていくには、同時進行的に新しい英語のインプットも行っていかないとネタが枯渇したり、それ以上のレベルアップが見込めなくなります。

かならずインプットの時間も設けて、独り言を新しい英語表現に挑戦する場として捉えるようにしましょう。

インプットはどこから仕入れも良いですが、楽しんで続けられものがよいでしょう。

私はYouTubeのお気に入りのチャンネルから使えそうだなと思った表現を抜き出し、2015年からずっとEvernoteにすべてをまとめています。

これを続けていると、何度か出てきた単語の「英語の共通のイメージ」が認識できてスピーキングに活かすことができます。

ちなみに私のお気に入りのYouTubeはバイリンガール英会話 | Bilingirl Chikaです。

地元アメリカでの楽しいコンテンツなどが揃い日本語と英語の字幕が同時に出る動画もあるので、意味を確認しながら気になる表現をチェックしてみてください。

ニューヨークに住むキャリア・ウーマンの日常!// Life of a career woman in NYC(#418〕

また本は良質な英語の宝庫です。

お気に入りの本を見つけて何度も読み返すのは、長期的な英語学習でぜひやってもらいたい方法です。

英会話初心者は簡単な絵本から始めてもまったく問題ありません。

むしろもっともよく使う身の回りの事柄を、簡単な表現で学べる優秀な教材です。

挿絵のおかげで場面と表現をセットで覚えやすくなりますし、楽しいので飽きにくいのもポイントです。

まとめ:英語のスピーキング力に直結する独り言のやり方を解説

いかがでしたでしょうか?

独り言は英会話スクールに通わずとも、手軽にいつでもスピーキング力を鍛えられるおすすめな英会話勉強法のひとつです。

英会話教室も活用するなら、日頃から独り言でしっかりを練習しておき、先生との実践で試してみたり、「ここはこれで合ってるのかな?」という疑問を解消する場として活用すると有効だと思います。

・その日あった出来事を話す
・SNSや本で知った内容を話す
・ルーティーンをいつもと違う表現で話してみる
・得意分野を人に教える

といった方法でいろいろなネタを1日5分でも良いのでやってみてください。

ペラペラと気持ちよく話せるように頑張りましょう!

もしこの記事が良かったと思ったらぜひSNSでシェアしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました