英会話力が豊かになる!英語の速読の5つの上達方法

スピーキング力
スポンサーリンク

「いつも英会話表現がパターン化していて、新しい英語をインプットしたい」
「より高い英語力のために英語ニュースを読んでるけど1記事読むだけで精一杯」
「洋書を読み始めたはいいものの読むのが遅くて終わりがみえない」

この記事ではこんな悩みを抱える英語中級者向けに、より速く多くの英語を読んで表現力を広げたり情報収集できる英語の速読の方法を解説します。

ちなみに私の読むスピードは内容によりバラつきますが、速いときは200WPM程度です。

ネイティブの読む速度は200~250WPMです。

私は英会話力ゼロでしたが、2015年から1年半カナダに住み語学留学や接客業を経験、TOEIC 880を取得し今ではグローバルな外資系企業で働いています。

英語の速読でどんどん英語を吸収できれば、より自然な英語を話せるようになりますよ。

スポンサーリンク

速読とは

速読とは文字通り、英文をより速く読むことです。

この記事で説明する速読は、TOEICなどテストで長文問題を速く解くための速読テクニックのことではありません。

ニュースや洋書など英文を速く読むことで英会話力をより高めることができる本質的な速読の方法を解説します。

精読との違い

速読のほかに、精読や多読、音読とややこしいですが、違いは以下です。

精読:文法や文章構成をじっくり理解することで基本的な読解力をつける読み方。

多読:文法などに気を取られることなく、たくさんの英文を読み進めること。英語の感覚を養うことができる。

音読:声に出しながら英文を読むこと。発音とリスニングの改善をすることができる。

精読→多読→速読と段階を踏むのが正しい手順です。

英語初心者はまずは精読や単語、文法の基礎学習に取り組み、的確に英文を読む力を身につけましょう。

TOIEC500〜600程度の英語力がついてきたら多読に移行し、スムーズに読めるようになるまで多くの英文を読みます。

TOEIC800程度になると英文を読むことにも抵抗がなくなるので、速読で読むように意識し始めましょう。

音読はリーディング力はもちろんですが、英語の音のトレーニングも兼ねています。

音読については別の記事で解説していますので参考にしてください。

どうして英会話力UPに速読が効果的なの?

速読することが英会話力に効果的な理由は、ネイティブが使う自然な英語を大量にインプットできるからです。

自然な英語表現や、さまざまな言い回しができるようになるには、ネイティブからたくさんインプットをするしかありません。

私はカナダに留学しているときにネイティブの人たちと日々関わることで、自然な英語表現をたくさん吸収して英語の感覚を養うことができました。

しかし日本では日常会話からネイティブの英語を吸収できないため、海外ドラマなどを見るか、本やネット記事を読むことで大量のインプットをするのです。

速読できるリーディング力があれば、今まで知らなかった語彙や表現にたくさん出会い、自分の表現力を豊かにすることができます。

また速読によって

多くの表現や言葉を知っている
素早く英文を理解できる

ことでリスニング力も楽になります。

中上級者になったら基本的に英語教材を使わなくても、読書などリーディングを通してインプットできるので速読はぜひ身につけておきたいスキルです。

英語の速読を身につける方法

ではどうしたら速読ができるようになるのでしょうか?

もともとは私も読むのが速い方ではなかったのですが、今ある程度のスピードで読めるようになった過程でどんなことに注意したかまとめます。

返り読みしない

まず返り読みしないということが絶対です。

返り読みとは、自然な日本語訳になるように後ろから前へ戻りながら読んでいくこと。

単純に、一回前から読んだものを、もう一度後ろから戻るように読み返していては時間がかかりすぎてしまいます。

返り読みを防ぐためにはスラッシュリーディングで先頭から順番に訳して理解していく練習を繰り返しましょう。

返り読みをしないだけで読むスピードがグッと速くなりますよ。

頭の中で音声化しない

みなさんは英文を黙読するとき、声に出さなくても頭のなかで英単語を順にひとつひとつ読み上げていませんか?

読む速度が上がってくると、頭の中で英文を読み上げなくてもわかるようになってきます。

というより、一単語ずつ読み上げているとどうしても速く読むことができないのです。

多読をはじめたばかりのときは頭の中で読み上げても良いですが、速読するときは文字を見てダイレクトに意味が認識できるように練習していきましょう。

多読:文字を読む → 脳内で読み上げ → 意味を理解
速読:文字を読む → 意味を理解

大意をつかむだけでOK

英文を速読するときは意味を100%きれいに理解しなくて大丈夫です。

学校では意味をしっかり理解して正しく回答し100点を目指すよう教えられたので、細かく読むクセがついてしまっています。

しかし速読するうえでは一字一句見る必要はなく、話の流れや著者の意図が理解できていればよいのです。

これは日常の日本語の会話を思い出せばわかると思います。

人の言った言葉をそっくりそのまま覚えてるわけではなく、相手の意味するところをつかむだけで会話が成立しています。

速読でも細かなところに注意を払いすぎずるとリズムよく読んでいくことができません。

筆者が伝えたいことを理解しつつも、どんどん読みすすめる気持ちで臨みましょう。

ボキャブラリーを増やす

使えるボキャブラリーが多ければ多いほど、リーディングはスムーズになります。

単語の意味を思い出すのに数秒かかっていては速く読むことはできません。

見た瞬間に意味を認識できる単語を増やす努力をしましょう。

単語を覚えるときは、例文を通してイメージで覚えることで、パッと思い出せる使えるボキャブラリーとなっていきます。

単語の覚え方についてはこちらの記事で解説しています。

ちなみに覚える単語数の目安は以下のような感じです。

単語数の目安

TOEIC600 > 5000語
TOEIC900 >10000単語
洋書 > 15000単語

英語脳をつくる

究極の方法は英語脳をつくることです。

英語脳では英文を頭から順番に、日本語訳せず英語のまま理解していきます。

英語脳をつくるためにはスラッシュリーディングをしながら、各チャンクをイメージ化してダイレクトに理解する練習をします。

こうすることで返り読みしないだけでなく、英文を見て瞬間的に内容を理解できるようになります。

またインプットするだけでなく、アウトプットもして双方向でアプローチすることで確かな英語脳をつくることができます。

アウトプットには独り言でスピーキングが有効です。

詳しくはこちらで解説しています。

まとめ:英会話力が豊かになる!英語の速読の5つの上達方法

いかがでしたか?

多読ができるようになったら少しずつ速読をしていくことで、圧倒的なボリュームをインプットできるようになります。

その結果、自然な英語表現ができるようになったり、リスニングがしやすくなって、英会話力が向上します。

速読力があればあなたの英会話ライフはどんどん豊かになっていきますよ!

もしこの記事が良かったと思ったらぜひSNSでシェアしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました