リピーティングとは?初心者の「聞く・話す」を強化できるやり方4ステップを解説

スピーキング上達法
スポンサーリンク

「リスニング力をあげるのにリピーティングって効果的なの?」

「聞いたそばから英文の内容を忘れてしまう」

「ネイティブみたいな発音や表現ができるようになる方法ってないかな?」

こんな悩みを持つ人に知ってほしい、英語の音に強くなれて英会話力を高められるリピーティングの効果や練習方法、学習のコツを解説していきます。

この記事を書いた人
  • カナダで1年半の語学留学と接客業を経験
  • 現地ホテルのフロントデスクインターン勤務
  • 対策なしでTOEIC 880取得
  • EU系外資企業に勤務中
  • カナダ生活開始時は英会話力ゼロスタート

私自身もリピーティングを取り入れたことで、英語の動画を楽しめるようになり、英会話にもとても役立ちました。

リピーティングを正しく行って、ネイティブの速い英語も楽に聞き取れるリスニング力をつけていきましょう!

スポンサーリンク

リピーティングとは?

リピーティングとは、お手本の音声を一文聞いてから一時停止し、そっくりとマネして発話する練習法です。

リピーティング
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-05-05-11.42.40-1024x180.png

シャドーイングとリピーティングの違い

似た練習法としてシャドーイングがあり、こちらは音声に3語ほど遅れて影のようについて発話します。

シャドーイングのやり方
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-02-11-19.00.32-1024x170.png
リピーティング
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-05-05-11.42.40-1024x180.png

音声を止めてまとまりごとにリピートするか、音声を流し続け後を追うように発話していくか、というちがいがあります。

シャドーイングは音声の速度にずっとついていくため、より高度な練習法です。初心者の方はリピーティングから始めるのがおすすめですね。

>中級者必見|シャドーイングの効果3つと英語力が劇的に伸びるやり方を解説!

オーバーラッピングとリピーティングの違い

オーバーラッピングは、音声にぴったり重ねて同時に発音をする練習法です。

ネイティブ発音のリズム感を習得するのに向いています。

リピーティングの効果

リピーティングをすると自分の発音の間違いに気づきやすく、ネイティブの発音を正しく覚えられます。

正しいネイティブの発音を身につけていくことで相手の言葉をより正確に聞き取りやすくなります。

ネイティブが使う自然な英語をインプットするにもとても効果的な練習法でもあります。

リピーティングの効果

ネイティブ英語が聞き取れる
聞いた英語を忘れなくなる
・実用的な英語表現が増える

もう少し具体的に、リピーティングで得られる効果について解説します。

ネイティブ英語が聞き取れる

リピーティングを行うことで発音が改善されます。その結果、リスニングが聞き取りやすくなったり、自分の英語が通じやすくなります。

リピーティングでは音源そっくりにマネするために、普段より注意深く聞き、できるまで何度も発話練習を繰り返します。

その結果、発音、リンキング、シュワー、脱落、抑揚など英語特有の音を習得することができるのです。

このあたりの発音要素が身につくと、ネイティブ英語を聞き取るコツがわかってきますし、自分の発音もきれいになっていきます。

聞いた英語を忘れなくなる

次に、リピーティングをすると聞いたそばから忘れてしまうことが少なくなります。

特にTOEICなどで英文を聞いて、設問を読み始めたら「さっきなんて言ってたんだっけ?」と忘れてしまうことありませんか?

すぐに忘れてしまう理由は、

・英語の発音を聞き取るのに必死
・その意味を理解するのに必死

と情報処理だけで大変すぎて、意味内容を覚えている余裕がないからなんです。

でもリピーティングでは、リピートするために聞いた英文を短期的に記憶しておく必要があります。

この練習を繰り返すことで、少しの間覚えておくというクセがついて、直後にうっかり忘れてしまうことが減らせるのです

これにより短期記憶力が鍛えられ、相手の質問を忘れずに会話できたり、リスニング問題が解きやすくなったりします。

実用的な英語表現が増える

次が私がもっとも期待している効果でもあるのですが、

ネイティブの英語をリピートすることで、実践で使えるさまざまな語彙や表現を覚えることができます。

実際、私はよくアメリカの旅動画を見てリピートしてたので、日常的なコミニュケーションで使える表現をたくさん覚えることができました。好きな動画を何度も見て、気に入ったフレーズをたくさんリピートしているうちに、いろいろな言い回しが身についていたのです。

ネイティブが使う自然な表現は、ほとんどリピーティングを通して学んできたと思います。

まとめると、以上が主なリピーティングの効果です。

リピーティングの効果

・ネイティブ英語が聞き取れるようになる
・聞いた英語を忘れにくくなる
・実践的な英語表現が増える

続いて、これらの効果を得るリピーティングのやり方を紹介していきます。

リピーティングのやり方

リピーティングのやり方は以下のような感じです。

リピーティングのやり方

1. 聞こえたとおりにリピーティング
2. 聞きながらスクリプトを読む
3. スクリプトを見ながらリピーティング
4. スクリプトを見ないでリピーティング

順番に解説していきます。

聞こえたとおりにリピーティング

まずは音源を聞いて英文の意味を考えつつ、一文を聞こえたとおりに発話してみましょう。

聞き取れないところは何度も繰り返し聞いて、どこが聞き取れないのか認識しておきます。

スクリプトを読む

続いて、スクリプトを確認します。

・聞き取った英語は正しかったか
・理解した意味は正しかったか

をチェックしてください。

スクリプトと照らし合わせて、どこがなぜ間違っていたのかをしっかりと分析しましょう。

聞き取れない原因

意味がわからないときは、次のどちらかが原因です。自分がどちらが苦手なのか分析します。

・そもそも英単語が聞き取れていない
・聞き取れても意味がわからない

英単語が聞き取れていないなら、発音を学んでいく必要があります。

原因は主に次の通りです。引き続きリピーティングで聞き取る力を強化するか、基礎がわからない人は発音を体系的に学んでみましょう。

英語が聞き取れない原因

✓単語の発音の認識がちがう
✓アクセントの位置の認識がちがう
✓シュワーが聞き取れていない
✓リエゾンが聞き取れていない
✓リダクションが聞き取れていない
✓音声変化が聞き取れていない

もし英単語は聞き取れたのに意味が入ってこないのであれば、リピーティング以外の意味理解の訓練が必要です。

英文法などの基礎を鍛えたり、瞬時に意味を理解するための精読や音読などをやると良いでしょう。

>中学レベルでOK!旅行英会話が話せるようになる文法の勉強法

>英語を聞く・読む基礎力がつく精読のやり方を解説

>効果的に英会話力を高める英語の音読5ステップを解説

このステップで自分は何が足りないないのか理解して、次のリピーティングで練習していきます。

スクリプトを見ながらリピーティング

聞き取れていなかった部分の分析ができたら、克服するように練習します。

口がスムーズに動くようになるまで、一文あたり20〜30回練習して次のステップへいきましょう。

どうしても聞き取れない音や、そもそも発音されてなくないか?と感じる部分がるかもしれません。うまくマネできない部分もあると思います。

それらはあなたがまだ身につけられていない発音なのです。

例えば「can’t」の「t」が聞こえないと思った場合、その音は本当に発音されていないんです。

「t」が発音されるものと思い込んでしまっているだけなので、聞こえた通りに覚えると発音に強くなれます。

初心者で一文ずつリピートするのがむずかしい場合は、4単語程度を目安に意味のきりが良いところで止めても大丈夫です。

どうしてもリズムよくできないときは?

何度練習しても、音源と同じリズムで言えないことがたくさんあります。

そんなときは音源にぴったり重ねてリズムだけ合わせて言ってみましょう。

このとき単語をきれいに発音をしなくてもOKです。とにかくリズムだけ合わせられるように集中します。

リズムが掴めてきたら、徐々に単語を正しく発音するように戻していくと、だんだんきれいにリピーティングできるようになります。

詳しいやり方はこちらの記事でどうぞ。

>オーバーラッピングで英語がネイティブ発音になる?シャドーイングと組み合わせると効果バツグン!

スクリプトを見ないでリピーティング

スクリプトを見て上手く言えるようになったら、最後はスクリプトを見ずに行います。

一文まるごと聞いたら音声を止めて、ネイティブと同じように発音できるように何度もリピートしましょう。

スクリプトがなくなると急にむずかしくなると思います。

一文を覚えられないときは、音の強弱のリズムを意識すると入ってきやすくなります。

ひとつの文を日本語的なフラットなリズムで捉えていると覚えにくいです。

ですが、強弱のリズムを軸に一文をいくつかのパートにわけて考えると頭に入りやすく、英語の意味もありありと伝わってきやくすなります。

リピーティングの効果を高めるコツ

やり方がわかったところで、より効果的にリピーティングするために意識しておくべきことを紹介します。

発音を学んでおく

リピーティングは、発音やリエゾンなど発音に関する要素を総合的に練習する場です。

そもそもの正しい音や音声変化の知識なしに、ただリピーティングをやっても上達していきません。

基本的な知識をまだ学んでない方は、発音の勉強法の記事を参考にしてください。

発音記号などの定番だけでなく、英語喉というネイティブ式英語の発声方法も知っていると、速い英語でも口が回るようになります。詳しくは「英語喉で聞き取りと発音が改善した2つの理由と簡単な再現法とは」を確認してください。

リズムに乗るには強い音を拾う

音源のようなテンポで発話できないときは音楽のようにリズムをとらえてみましょう。

英語では強く発音する部分と、弱く発音する部分を交互に繰り返してリズムが生まれます。

カタカナ発音は強弱なく均一に話すので、英語とのリズムにずれが起きてきます。これが音源のテンポと合わない原因です。

強く発音する単語以外はあいまいな発音になってしまってもOKなので、を歌うようなつもりでリズムに乗ることを優先するのと、音源についていきやすくなります。

録音して聞く

ある程度練習したあとは、スマホで録音して聞いてみましょう。

なんとなく自分ではできているように思えても、実際にはおかしな発音をしていることがよくあります。

録音して客観的に聞くと、それまでわからなかったネイティブとの違いに気づくことができます。

これはかなり効果が高いので必ずやるようにしてください。

YouTubeならPCを使う

YouTubeで学習している人は、スマホよりPCでやることをおすすめします。

理由は以下です。

YouTubeのメリット

・再生、巻き戻し操作がしやすい
・文字起こし機能でスクリプトが読みやすい

スマホだとタイミングよく止められない、巻き戻しは10秒ごと、と操作性がとても悪いです。

でも、PCならスペースキーで停止、矢印で5秒戻る、と圧倒的に快適にリピーティングできます。

また英語スクリプトがついている動画では、文字起こし機能でスクリプトをまとめて見れるので、映像上に出る字幕より使いやすくなります。

ストレスフリーに学習することが、継続する秘訣です。

スロー再生を活用する

ネイティブの音が速すぎて、グチャッと聞こえることがよくあります。

そんなときはスロー再生をすると、あいまいな音やネイティブの発音方法まで驚くほど鮮明に聞こえてきます。カタカナ発音の改善にもかなり役立ちました。

スロー再生にあわせて “聞こえたとおり” に発音し、もとの速度に徐々に戻して練習すると簡単に言えるようになります。

YouTubeなら、最初は0.5倍速で聞こえた音を30回ほどマネし、0.75倍、1倍と戻していくとよいです。

意味理解の力も伸ばす

リスニングを伸ばすためには音声認識力と、意味理解力のふたつが必要です。

音を丁寧に拾って修正していくリピーティングは英語の音声認識力を高められますが、それだけでは英語を聞いてわかるようにはなりません。

精読など意味をすばやく理解できるようにする練習も並行しておこなうことで、会話でも相手の言葉がすっと理解できるようになっていきます。

根気よくやる

リピーティングでは一文一文しっかりリピートできるまで根気よく練習していきましょう。

なんとなく言えたから次の文、という感じだと効果が出ません。

自分がわかっていない音を見つけ、できるまで繰り返すことではじめて慣れない英語音声が自分のものになります

私は上手く言えない英語があると、一文だけで30分かけて練習したりもします。

なんとなく、で終わらせたものはいつまで経っても身についていなかったからです。

何十回やっても上手くできないときは、日をあけてもう一度やるとできるようになっていることもよくありますよ

リピーティングが難しいときは

リピーティングで文章がなかなか覚えられず、むずかしいと感じるときは、一文を分解して短いブロックごとに練習してみましょう。

短く切ってリピート
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-02-11-18.53.10-1-1024x114.png

いくつかのコツをおさえながら、練習した短いブロックを組み合わせていくと、長くて覚えられない英文でも上手にリピートできるようになります。

詳しいやり方は「英語リピーティングで英文が覚えられないときの4つの対処法」にまとめました。

リピーティングにおすすめの教材

教材を選ぶときは、知らない単語が少ない簡単な英文を選びましょう。
スムーズに発話練習するのが目的なので、むずかしすぎる英文だと練習にならないからです。

私が日頃使っている教材を紹介します。海外ドラマなども人気ですが、好みの問題で私はYouTube派です。

バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika

日常や旅行英会話を覚えたい人におすすめなのがバイリンガールちかさんのコンテンツ。

学生時代をシアトルで過ごしたちかさんは英語もネイティブ、明るい人柄で楽しく動画を見れます。

地元シアトルの友人との動画や、旅行、海外移住、英語レッスンなどバラエティ豊富で、そのいずれからも日常英会話の自然な表現を学ぶことができます。

ちかさんの動画でしっかりシミュレーションをしておくと、実際に海外旅行にいったときでもあわてず話せるようになりますよ。

Steve Jobs スタンフォード大学スピーチ

私が2015年からずっと使っている音源です。英語の質もさることながら、論理的な話し方、聞き入ってしまうような間のとり方、そして人生論としても素晴らしい学びがある動画です。

英語でのビジネスプレゼンテーションを視野に入れている方におすすめ。

私がYouTubeを活用する理由は、下記で解説します。

>リピーティング教材にYouTubeを使うと英会話に自身が持てる4つの理由

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)

「みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング」は英語初中級者までを対象に、音読、リスニング、リピーティング、シャドーイングをまとめて学習できる教材です。

少しむずかしい文章には文法の解説もついているので、しっかりと内容を理解しながら文法力のレベルアップを図ることもできますよ。

まとめ:リピーティングとは?初心者の「聞く・話す」を強化できるやり方4ステップを解説

いかがでしたか?

リピーティングをすることで英語の音に強くなり、リスニング力や英会話力を高めることができます。

上記で紹介した効果を高めるポイントを意識して行うことで、これまで聞こえなかった速いネイティブの英語でも一つひとつ単語が聞こえてくるようになりますよ。

もしこの記事が良かったと思ったらぜひSNSでシェアしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました