PR

英語が流暢になるには?滑らかに話す方法を徹底解説

本サイトは一部にPRを含みます。

③英語脳で話す

「英語を流暢に話すには、どうしたらいい?」

「言葉に詰まることが多くて、もっとペラペラ話したい!」

「友人から英語ペラペラキャラに見られたい!」

英語である程度会話はできるけど、まだまだスムーズじゃなくて、つい考え込んでしまう。

まったくの初心者ではないけど、このように伸び悩んではいませんか?

私も、カナダ生活中に同じようにもがいていました。
ネイティブ相手に仕事していたので、カタコト英語の自分がより際立って、もっと流暢になりたい!と感じてました。

そこでこの記事では、私がスピーキングがスムーズになったときに試していた方法や、必要なスキルなどについて紹介します

この記事を書いた人:Yuki
  • カナダで1年半の語学留学と接客業を経験
  • 現地ホテルのフロントデスク勤務(インターン)
  • 対策なしでTOEIC 880取得
  • EU系外資企業に勤務中
  • カナダ渡航時は英会話力ゼロスタート
  • 夢は自由に好きな国で暮らすこと

言葉に詰まる理由を知り正しくトレーニングすれば、あなたも絶対に英語がスラスラ出てきます。

明るい笑顔で、もっと自信を持ってインターナショナルな場で振る舞えるようになりますよ。

流暢に話せると英会話が楽しくなる

初心者から英会話に少し慣れてきたら、次は流暢さを磨く段階です。

いわゆる中級者(を目指す段階)となり、周囲からは英語が上手な人として認識され始めます。

この段階まで来れたあなたはすごい!

そのまま努力していけば、着実に英語が自分のものになっていきますよ。

中級レベルでは流暢を目指す

流暢さが増してくると、「会話についていけなかったらどうしよう」という恐怖心が減って、英会話中も心に余裕が持てるようになりました

自信がついたことで、インターナショナルな場にどんどん出たくなっていきます。

成長が加速しているので、話すたびにわずかに上達が感じられて、英語学習が楽しくなります。

英語のまま理解できるので、リスニング力も上がってきます。

興味のあることなら、英語の動画から情報収集もできます。

「日本という壁」の外の広い世界が、もう自分の居場所なのです。

流暢になること目指してトレーニングして良かったと心から感じます。

英語が流暢になるまで

英会話初心者であれば、流暢さを求める前にスピーキングの基礎を身につけなくてはいけません。

学習法については下記の記事を参考にしてください。

言葉に詰まりながらでもある程度英語でコミニュケーションが取れるようになったら、流暢さを求めていきましょう。

必要なスキル

流暢に話すうえで、以下のスキルが必要となってきます。

英語脳 

英語だけで考えて、ダイレクトに英語で話す力のことです。
日本語を介さず、ネイティブと同じように話すイメージですね。

日本語から翻訳して話すと、その作業が煩雑で流暢に話すことができません。

中級になるにつれて、脳内を英語だけで満たして話すスキルが必要となってきます。

英作文力

さまざまなことを表現するには、長い文章も組み立てられる必要があります。

普段は短い文章を中心に話すのですが、たまに長い一文のほうが説明がしやすいこともあります。

そんなときでも焦らず、冷静に頭の中だけで組み立てられるようにしたいですね。

語彙力 

詰まることなく話すには、語彙力があるほうが有利なのは間違いないです。

といってもTOEIC 900用のむずかしい単語ではなく、
「get + 前置詞」のような汎用的なPhrasal verbや、
口語で頻出の単語・イディオムから使いこなせるようにする
と、会話でかなり役立ちます。

発音

発音も気にしたいところ。

100%サムライアクセントの速い英語でまくし立てられると、外国人には聞き取りづらく疲弊させてしまいます。

発音記号も大切ですが、発音を圧倒的に良くするには文章のレベルでの強弱や正しい発声方法を気にするほうが、効果が高いです

ネイティブ発音まで目指す必要はありません。
インターナショナルで通じる英語を目指していきます。

英語が流暢になるトレーニング法

流暢さを高めるのに有効だった練習方法を紹介します。

独り言

流暢になりたければ、まずは自主練あるのみ。
野球の素振りに相当するのが、英語では独り言です。

独り言とは、その名の通り、一人で英語を大量に話すこと。
空いた時間をフル活用して、練習量を確保できます。

日本語でもよく一人で考え事をしているはずなので、それを英語で口にしてみましょう。

オンライン英会話

「練習のための練習」はNGです。
独り言は、人と楽しく話すための「下準備」ですからね。

一人で練習したあとは、実際に人に話してみて、使える英語に変えていかないと英会話力は伸びません。

英語を話す機会はさまざまありますが、オンライン英会話の最大のメリットは忙しくても毎日できること。

英語カフェや外国人バーに行くとなると、毎日練習はできないですからね。
オンライン英会話なら、たとえ忙しい平日でも30分だけ捻出すれば、家にいながら英語が話せてしまします。

毎日人と話せるほうが、成長は速いです。

リピーティング

日常会話で使う語彙は、動画からマネて覚えるのがベストでした。
つまりリピーティングです。

リピーティングは音声の英語を1文ずつ聞いて、そっくりマネする練習法です。

ネイティブの英語を覚えられ、発音も向上します。

Amazon Prime Videoなど動画配信サービスでもいいし、好きな英語YouTuberを探してもいいですね。

多読

多読とは、英語の文章を大量に読むことです。
わからない単語があっても気にせず、とにかく読み進めるのがポイントです。

メリットは次の2点。

・知的な英語表現を使えるようになる
・英語の語順でスラスラ話せるようになる

英語の語順に慣れるには、とにかく話すか読むかが有効です。

Amazon Kindle Unlimitedを使えば月980円で読み放題なので、お金を気にせず多読できます。

速読

英文多読に慣れたら、読むスピードを少しあげる意識もしてみましょう。

速い英語にも対応できるようになり、英語を話しているときでも余裕が生まれやくなります。

英会話ではとにかく喋りが速い人もいます。
そんな速い英語も聞き取るには、日頃から英語の処理速度を高くして慣れておくのがオススメです。

英語が流暢になるオススメの教材

英語が流暢になるために役立つ教材を紹介します。

ネイティブキャンプ

スピーキングを上達させるならこれ。

話し放題のオンライン英会話を利用すれば、毎日思い立ったときに、すぐに先生と話すことができます。
「今ちょっと電話してみよ〜」くらいの感覚でレッスンが受けられるってことです。

ネイティブキャンプは、予約不要で今すぐレッスンが受けられるオンライン英会話です。しかも定額でレッスン受け放題!

仕事でレッスン予約に間に合わせにくい人でも、時間を気にする必要がないのがGood。

YouTube

リピーティングなどのインプット学習ならYouTubeです。

YouTubeは無料で世界中の動画にアクセスできるので、お気に入りのクリエイターに必ず出会えます

私は1本30分のドラマを見るのが苦痛なのですが、YouTubeは多くが10分程度だし、気分に合わせて好きなジャンルを見れるので自分にも合っていました。

まぁ、ドラマかYouTubeかは、完全に個人の好みなので、好きなものでOKです。

> Amazon Prime Video

ラダーシリーズ

created by Rinker
¥770 (2024/05/25 05:45:24時点 楽天市場調べ-詳細)

多読は英語力を盤石にしてくれます。

ラダーシリーズは、英語学習者向けに簡単な英語で書かれた語彙制限本の定番。

超初心者向けから、ある程度英語が読める人までレベル別にたくさんの洋書を用意しています。

誰もが知る名作や興味深い内容も多く、まずはこれから多読を始めてみるのが良いです。

イギリスの教科書に使われているOxford Reading Treeも、多読では人気です。

慣れてきたらAmazon Kindle Unlimitedで、あらゆる洋書が月980円読み放題にチャレンジしましょう。
通常の英語の小説などをiPhoneで読めます。

本気で多読に取り組む人は、Kindle Paperwhiteが超おすすめ。

電子書籍なのに紙の本のような画面なので、目に優しく罪悪感がゼロ!

Amazon Kindle Paperwhite Kindle Paperwhite ブラック B08N41Y4Q2

流暢に話すコツ

流暢になるために役立ったコツを紹介します。

英語だけで考える

言葉に詰まることなく話す時は、英語だけで思考しています。

日本語で言いたいことを考えて、翻訳して、ということはしません。

なぜなら、会話中は翻訳の作業がそもそも大変だから。
さらに、英語の表現と日本語の表現はイコールで訳せないからです。

英語だけで考える「英語脳」を強化するのが、流暢になるポイントです。

英英辞書を使う

英単語を調べる時は、英英辞書を使います。

一つ上で書いたように、英英辞書で覚えれば、日本語思考に邪魔されなくなるためですね。

さらに英語で言い換える力も身につきます。

英英辞書なんてむずかしそう!と思うかもですが、英会話中級に差しかかっているあなたなら大丈夫です。

慣れてしまえば、使いこなせるようになります。

関係代名詞を活用する

英会話の初心者までは、一文を短くして話すのでぜんぜんOKです。

でも中級にチャレンジする人は、一文でより深く言い表せると玄人感が出ます。

その際は、関係代名詞で文を組み立てる意識をしてみましょう。

名詞を修飾することで、話せる表現の幅が広がり英会話が母国語で話すように楽しめるようになります。

流暢に話したいときの注意点

流暢に話したいと考える人が、気をつけるべき点は以下の2つです。

日本語を考えるのをやめる

英会話初心者の域を抜けてきているあなたは、いよいよ日本語に頼るのをやめて、100%英語で思考を始めるときです。

日本語思考で英語を話すと、流暢さを失います。
しかも、リスニングでも相手の話すペースについていけなくなります。

私は脱初級の段階で、日本語を考えないクセを叩き込んだおかげで、インターンの試験でホテルのフロントデスクに合格することができました。

参考書に頼るのをやめる

参考書を眺める時間を限りなくゼロにしていきましょう。

中級レベルまで来れたあなたなら、友人・先生との英会話や、英語で見る動画やネット検索から、十分すぎるくらい生の英語を学び取れるからです。

つまり英語を生活の一部にできるくらいの力があります。

参考書を使うのは、英語を話していて湧いた疑問を解決したいときだけ。

アメリカ人にでもなったつもりで、生の英語から学び取ることを始めてみましょう。

まとめ:英語が流暢になるには?滑らかに話す方法を徹底解説

いかがでしたか?

今回は脱初心者レベルの人のために、流暢さを身につけるための方法をまとめました。

この時期は英語漬けになればなるほど、目に見えて英会話力が伸びていくのがわかる楽しい時期です。

上記で紹介したコツを意識して、ペラペラと話せるようにトレーニングして行きましょう。

もしこの記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSで英語仲間にもシェアしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました