英語脳がリスニング力向上に欠かせない3つの理由と勉強法

英語脳
スポンサーリンク

「英語脳を作ればリスニングが伸びるの?」
「外国人が長い英文を話すと、理解できているのか不安になる」
「日本語に訳さずに英語を理解できるようになりたい」

こんな悩みの方の疑問を解決します。

英語脳ができていないと、英語を楽に理解できるようにはなりません。

この記事では、英語脳が効果的な理由や、リスニング力を高める方法を紹介します。

私は英会話力ゼロでしたが、2015年から1年半カナダに住み語学留学や接客業を経験、TOEIC 880を取得し今ではグローバルな外資系企業で働いています。

英語脳でリスニング力を高めて、「簡単に聞き取れる」という体験をしてください。

スポンサーリンク

英語脳とは

英語脳とは、英語を聞いたり話すときに日本語を介さずダイレクトに処理できる能力のことです。

例えば「I love you」と聞いたときに、日本語訳にしなくてもすんなり意味が理解できると思います。

これはあなたが英語脳で理解しているからなんです。

この「すんなり理解」を、いろいろな英文や、長い英文でもできるようにしていくのが英語脳を作るということです。

英語脳がリスニング力向上に必要な理由

ひとつひとつ日本語に訳していては、スムーズに会話をすることはできません。

TOEICのリスニングでも、問題の速度についていけずに、次の問題を聞き逃してしまうでしょう。

逆に、英語がペラペラな人は必ず、英語脳で処理しています。

英語脳を手に入れることでリスニングにどんな影響があるのか、見ていきましょう。

理由1:理解スピードが上がる

英語脳ができてくると英文を聞いた瞬間に理解できるようになります。

英文のダイレクトに意味として処理されて、日本語訳する作業が必要ないからです。

日本語脳

英文 → 日本語訳 → 「ふむふむ(理解)」

英語脳

英文 → 「ふむふむ(理解)」

英語脳ならどんどん話されても、遅れずに話についていけるようになりますね。

理由2:むずかしい英文の理解力が上がる

続いて、英語脳ができると複雑な英文や、長い一文も簡単に理解できるようになります。

日本語訳をはさんでいると、後ろから前へ戻るようにして直していかないといけません。一文が長くなってくるとこれは大変な作業。

それに比べて、英語脳は聞いたとおりの順番で理解するので処理が圧倒的に簡単なんです。

聞いた瞬間それが何を意味しているのか直感的にわかる感覚ですね。

関係代名詞など複雑な文になればなるほど、理解のしやすさに大きな差ができています。

理由3:リスニングのストレスが減る

リスニング中のストレスが減り、長時間でもムリなく聞いていられるようになります。

上記2つの理由によって英語を理解する負荷が減るから、結果的にリスニングが楽になるんです。

途中でついついボーッとして聞き逃してしまうTOEICのリスニングでも、集中力を保ちやすくなります。

私はカナダで新しい仕事についたときに、はじめに2時間のオリエンテーションがありました。このときは英語脳で聞く力がついてきたタイミングだったので、ちょうど日本語でオリエンテーションを受けるのと同じ+αくらいの疲労感で終えることができたのです。

まとめると、理解速度と理解力が上がり、持久力もついてリスニングがしやすくなってきます。

英語のリスニングが聞き取れない理由

英語脳のメリットをみてきましたが、リスニング向上には実はそれだけではダメなんです。

英語が聞き取れない原因を分解すると以下になります。

  • 英語の音が聞き取れない
  • 文の意味がわからない

英語の音が聞き取れない

物理的に英語特有の発音が聞き取れない場合です。

この理由は以下の各項目の学習が足りていないからです。

  • フォニックス
  • 発音記号
  • リエゾン
  • リダクション
  • 音節
  • 文の抑揚

フォニックスと発音記号がわからない場合、正しい基礎の音がそもそもわからない状態となります。

リエゾンとリダクションでは英語の音が変化するので、知っている単語でも違う言葉のように聞こえてしまいます。

音節と文の抑揚は音の強弱に関するもので、この知識がないと英語が速くて聞き取れないということになります。

これらを知識として知ったうえで、聞き取れるようになるまでたくさん練習しなければなりません。

英語の音については以下の記事も参考にしてください。

文の意味がわからない

英文の意味が理解できずに、英語が聞き取れないというパターンです。

意味が理解できない原因を分析すると以下です。

  • 単語力不足
  • 文法力不足
  • 英語脳不足

文法は英語学習の最初の段階で、3ヶ月くらいかけて全体を網羅してしまえばいったんは終わりです。まだの人は先にやってしまいましょう。

単語は目指すレベルによっては終わりのない学習です。あればあるほどプラスですが、最低限をカバーすれば英語を話すこともできます。まずは中学で習う1500単語〜2000単語ほどできていれば旅行で使う会話力には困りません。

基礎中の基礎である上記の単語と文法力は、初期段階で速攻で学習を終わらせましょう。

そのうえで英語脳はこの意味の理解という部分で役立ち、これから長期的に付き合っていく学習となります。上で説明したように、リスニングがどんどん理解できるようになる効果があるので、しっかりと学んでいくようにしてください。

リスニング力をアップする方法

英語が聞き取れない理由で見たように、リスニングができるようになるには発音力と意味理解力を鍛えなければなりません。

以下の方法でトレーニングしていきましょう。トレーニングの密度にもよりますが、最低3ヶ月以上は続けてないと効果は出てきません。

シャドーイングで発音に強くなる

ネイティブの音声を聞き、2〜3語遅れる感じであとを追って発音する練習法です。

シャドーイングは負荷の高い練習法で、やるほどに日本人のアクセントが矯正されてどんどん発音に強くなっていけます。

好きなYouTube動画やシャドーイング教材を使って練習していきましょう。

Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address
決定版 英語シャドーイング[超入門]【CD付】新品価格
¥1,848から
(2021/3/21 08:19時点)

詳しくはこちらの記事で解説します。

英語脳で意味の理解力を鍛える

意味の理解を速くするには英語脳を身につけるのが一番効果的です。

英語脳の習得には、リーディングで前から理解する能力を鍛えつつ、独り言で組み立てる力もつけます。

インプットとアウトプットを双方でおこなうことで、英語で考える力をやしなっていきます。

私はこの方法で毎日大量の英語に触れて、半年くらいで日本語に頼らず会話ができるようになりました。

英語脳の作り方はこちらで解説します。

まとめ:英語脳がリスニング力向上に欠かせない3つの理由と勉強法

いかがでしたか?

英語が聞き取れない原因は大きく分けると、音が聞き取れないのと、意味が理解できない場合の2つ。

英語脳ではそのうち、意味理解の力を伸ばしてくれます。

日本語から訳して考えるより圧倒的に速くて効率がよいので、リスニング力もぐんぐん改善できますよ。

もしこの記事が良かったと思ったらぜひSNSでシェアしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました