英語のスピーキングが上達したいなら一人で練習すべきシンプルな理由

スピーキングの基本
スポンサーリンク

こんにちは、Yukiです。

「いきなり外国人と会話すると、ぜんぜんうまく話せない」

「まずは一人で練習したほうがいいのかな?」

「でも一人で英語話したところで本当に効果あるの?」

外国人の友人や英会話の先生と話しながら英語が上手くなれれば一番ですが、最初はなかなか思ったようには話せないですよね。

自分の話す力が足りなくて、うまく伝えられないことばかりでモヤモヤ。

そんな方のために、この記事ではスピーキングを一人で練習する重要性を解説します。

この記事の内容

・一人練習する効果
・一人で練習する方法
・外国人と話す重要性

この記事を書いた人
  • カナダで1年半の語学留学と接客業を経験
  • 現地ホテルのフロントデスクインターン勤務
  • 対策なしでTOEIC 880取得
  • EU系外資企業に勤務中
  • カナダ生活開始時は英会話力ゼロスタート

一人でもスピーキング練習するクセをつけると、英会話の場でも流暢になり、自分の英語に自信が持てるようになります

自主トレーニングの効果や正しいやり方を知って、友人や先生と楽しくあれこれ話せるようになっていきましょう。

このサイトでは、「英語脳を作ってスピーキング力UP」する方法をシェアしています。

 → おすすめオンライン英会話3選比較
 → おすすめ教材10選
スポンサーリンク

一人で英語スピーキングの練習する理由

ペラペラと英会話を楽しめるようになるには、とにかくたくさん話す練習が必要です。

もちろん、外に出て英語で人と話すことが一番です。留学で話せるようになった人は口をそろえて「バーに行っていろんな人と話すこと」って言います。

でもそれと同じくらい、一人で下準備しているかも大切

伝わる英語表現を仕入れておき、さっと言えるように準備しておく。このためには、一人で練習することが欠かせません。

以下で詳しく見ていきます。

一人で英語スピーキングの練習する理由

スピーキング量の不足を補うため
新しい表現を練習しておくため

スピーキング量の不足を補うため

「毎日30分オンライン英会話を受けているから、いつかは話せるはず」と思ってたら、数年後も今とたいして変わってないかもです。

なぜなら、これでは圧倒的に英語に触れる時間が少なすぎるから。

私の場合、英語脳ができて英語で話すコツを掴み始めるまでは、500時間ほど英語に触れていました。
毎日30分なら、1,000日(約3年)かかる計算になります。
これは話すコツを「掴み始める」までなので、流暢になるにはさらに時間がかかります。

だから一人でスピーキング練習もしていかないと、到底話せるレベルまでたどり着くことができないんです。

新しい表現を練習しておくため

1人だと学んだ英語をゆっくり思い出しながら話すことができます。しかも相手を気にせず何度でも言い直せるから、納得のいくニュアンスが言えるまで研究することができます。

その時またわからない表現出てくるので、調べて記憶しておきます。これを繰り返すことで、まさに「自分が本当に使いたい英語」がどんどんストックされていきます

覚えた英語を一人で練習して使えるレベルに持っていき、英会話で試してみるというサイクルをつくります。
じっくり表現を研究して何度も練習したことで、話せる英語のバリエーションが大きく広がりました。

一人で英語スピーキングの練習する理由

スピーキング量の不足を補うため
新しい表現を練習しておくため

英語が話せるとこんなに楽しい

英語のスピーキング力を身につけるのは、とても大変で時間がかかります。
正しい方法で行わないと、数年かけても成長しないこともありえます。

でもペラペラと話せるようになれば、世界が、視点が、マインドが大きく広がります。

このサイトで紹介する学習法で継続すれば、外国人と楽しく苦労なく話せるようになります。深い話もできて親友だってできます。

オンライン英会話で先生と、好きなトピックでフリートークして、英語力をさらに高められます。

旅行中にレストランで隣り合わせた外国人と、スムーズに情報交換し、SNSを交換したりもできます。

しっかり続ければ、海外でアルバイトだってできる英語力もつくでしょう。

英語がある人生は、ほんとうに楽しいです。

そのためには、一人での練習が欠かせないのです。

英語が話せない原因

何年かけて勉強しても、英語が話せない人はたくさんいます。

その主な理由は以下です。

口に出す練習が足りないから

日本人が英語が話せないもっとも大きな理由は、実際に口に出して話す量が足りないからです。

いくら参考書でインプットしようとも、瞬間的に言葉を組み立てることに慣れてなければ、スラスラと話せません。
これは本当に慣れです。慣れれば話せます。

学校でやってきた学習スタイルは、一度完全に忘れたほうがいいです。

日常表現を知らないから

昨日、単語帳で覚えたその英語、会話で使われていると思いますか?
もしかしたら英語圏に住んでいても、1年に1度も出てこないかもです。

日常で毎日使われる英単語は、動詞ならgetやhaveです。
これらだけで、私たちが普段話していることをたくさん言い表せますか?

もしできないのであれば、これらの本当に重要な言葉から体得するのが先決です。

たとえ英会話上級者でも、英語スピーカーが本当によく使うこれらの単語を禁止されたら、上手く話せないでしょう。

英語脳がなくて話せない

英語で話すときは、英語だけで考えられていますか?

多くの人は日本語がまず浮かび、該当する英単語を探しながら変換して話していると思います。
実はこれだと変換の労力が多いし、日本語の語感に引きづられて話しにくくなってしまいます。

私は日本語を使うのをやめたら、英会話が圧倒的にラクになりました。
これを英語脳と呼びます。

日本語での思考は、スピーキング力を阻害します。

話せない原因について知りたい場合は、英語が伸びる人、伸びない人のちがいを以下の記事にまとめました。
>英語スピーキングが伸びる人伸びない人のちがい【原因と対策3選】

英語スピーキングに必要なスキル

英語が話せるようになるために必要なスキルを紹介します。

スピーキングに必要なスキル

・基礎
・英語脳
・英作文力

一人で練習すると、英語脳と英作文力を鍛えることができます。

基礎力

最低限の基礎がないと、成長が遅くなります。

単語と文法は、まずは中学レベルまでカバーしておきましょう。
ここまであれば、あとはやりながら徐々に覚えていけばOKです。

抜けがちなのが発音です。

正しい発音を知らないと、自分の話す英語が通じないし、聞き取りも苦労します。

最初に勉強しておけば、その後正しい音を意識しておくだけで良い発音が身につきます。
あとから発音矯正する手間がなくラクできますね。

英語脳

上述した英語脳を身につけましょう。

ネイティブと同じように、英語だけで思考してダイレクトに英語を口にするのです。

ネイティブ同様なので、習得すればスラスラと言葉が出るのは言うまでもありませんね。

英作文力

英会話では、相手の言葉に対して瞬時に反応しなければなりません。

なので、瞬間的な英作文力が必要となります。

まずは短文でもいいので、英語がパッと出るようにトレーニングしておきましょう。

慣れれば、そこから長い文章を組み立てられるようになります。

英語のスピーキングが上達するステップ

ゼロからペラペラまで英語が話せるようになるために私が踏んできたステップを紹介します。

これに沿っていけば、効率よくスピーキング力を向上できます。

スピーキング上達のステップ

ステップ1: 基礎を固める
ステップ2: 英語脳を作る
ステップ3: スピーキング力をもっと磨く

ステップ1: 基礎を固める

単語・文法・発音が基礎としてまだ身についていない人は、まずここから取り組みましょう。

まずは中学英語の範囲をしっかりカバーしてしまえば、スピーキング学習をスタートできます。

目安として、私はTOEIC 500点台からのスタートでした。

もう基礎は終わっているよ、という人はステップ2へ飛んでください。

基礎を固める

・単語
・文法
・発音

ステップ2: 英語脳を作る

続いて、英語脳を鍛えるトレーニングに入ります。

英語脳とは、日本語を介さず英語だけで考えて、そのまま英語を話せる力のことです。
脳内で翻訳を一切せず、ネイティブと同じように話すということですね。

英語脳を鍛えるおすすめトレーニングはこちら。

英語脳を作る

・大量に話す
・リピーティング
・音読

ステップ3: スピーキング力をもっと磨く

ステップ2を継続することで、英語で考えたまま話せるようになりました。

しかしまだ少しぎこちなく、言葉に詰まったり、日本語が浮かんできたりすると思います。

そこで、ステップ3でさらに英語脳を強化し、スラスラ話せるようにします。

スピーキング力を磨くには次のトレーニングがおすすめ。

スピーキングをもっと磨く

・シャドーイング
・多読

これら3ステップについては下記の記事で詳しく解説しています。
>初心者からスピーキングを上達できた9つの学習法とステップを総まとめ

一人でできる英語スピーキング練習法3選

とは言っても一人で話す練習するのはなかなかむずかしいですよね。

一人でやるべき英語のスピーキング練習法3選

スピーキング練習のときは以下を強く意識していました。

  • 英語の語順に慣れる
  • 自然な表現を増やす
  • ネイティブの発音に近づける

これらスキルが上達してくると話せている感が感じられるようになります。

なので上記3つを鍛えられる練習を積み重ねていきましょう。
おすすめの練習法は以下です。

一人向け英会話練習法効果
リピーティング・ネイティブの口語表現を学ぶ
・発音向上
音読・英語の語順の処理速度アップ
・英語表現を学ぶ
独り言・スピーキング力強化
詳しいやり方を知りたい人は、各練習法をクリック。

それぞれ上記の目的を意識してやると効果的です。

ベースは独り言で大量アウトプットを繰り返し、リピーティングや音読で言えなかった表現を新たに学んだり、スムーズに英語を扱えるように補っていくのがGOOD。

この学習を続けたことで、英語のまま考えて話せる「英語脳」が作られていき、ペラペラと話せるようになりました。

一人で英語のスピーキング練習時に活用したいアプリ3選

スピーキング練習に活用したいアプリを紹介します。

Real英会話

Real英会話は、日常的によく使われるフレーズをミニダイアローグ形式で聞いて学べるアプリです。

自分では表現の仕方がわからないけど「これ言えたらいいなぁ」と思うようなフレーズが詰まっており、新たなフレーズも常時追加されています。

Real英会話で英語を覚えれば、気の利いた表現で会話が弾みやすくなるはずです。

Real英会話

Real英会話

¥980posted withアプリーチ

どんどん話すための瞬間英作文

日本人がちょっとしたことでも英語が出てこないのは、まったく会話練習が足りないためです。

どんどん話すための瞬間英作文」は、とても簡単な英文がぱっと口から出るようにトレーニングする教材。

このアプリで練習すれば、「最初の一言が出てこない」が解消されて、レスポンスよく言葉を発することができるようになりますよ。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

¥1,220posted withアプリーチ

Hi!Native

独学する場合は正しい英語になおしてくれる人がいません。そこで「Hi!Native」の活用がおすすめ。

このアプリは世界中の言語学習が互いに「この言い方あってる?」「これ英語でなんて言うの?」といった質問に答えるアプリです。

わからない表現を聞いたり、短い日記を投稿してネイティブに添削してもらえば、自己流の通じない英語から脱却できます。

HiNative(ハイネイティブ)-英語学習のおともに

HiNative(ハイネイティブ)-英語学習のおともに

Lang-8, Inc無料posted withアプリーチ

学習教材に興味がある方は、以下の記事もどうぞ。

このサイトでは、「英語脳を作ってスピーキング力UP」する方法をシェアしています。

 → おすすめオンライン英会話3選比較
 → おすすめ教材10選

それでも外国人と話すのは大切

基本的には上述したように、一人でスピーキング練習して会話の準備をするのがとても大切です。
これを徹底的にやらないと、スピーキング力は絶対に伸びません。

でもそれだけではなく、やはり外国人と話す機会があったほうが、より上手に話せるようになると思います。

なぜなら、他人との会話から得られる表現の学びは大きいから、そしてモチベーションを上げて長く続けられるからです。

しかも、日本人が話す英文は単語のチョイスがおかしいこともよくあります。
その結果通じないことも多々あるので、他人にチェックしてもらうことも必要なのです。

外国人と話すべき理由

表現の学びがあるから
人と通じ合うとモチベーションになるから
・ちゃんと通じる英語か確認するため

表現の学びがあるから

英語の先生やlanguage exchange partnerがいれば、自分のまちがった表現を指摘してもらえます。

「ちょっとその使い方だとニュアンスがちがう」とかは、正直なかなか自分だけでは気づくことができません。

また、人と話すことで新しい英語を覚えやすくなります。 

身近な人と積極的に会話していると、自分があまり使わない言葉が出てきたときにかなり印象に残りやすいです
こういった友人との会話はよく覚えているものなので、あとで意味を調べると、単語帳で覚えるより記憶に刷り込まれて自分でも使える英語になりやすいです。

周りの人から学ぶことの意義は大きいですね。

人と通じ合うとモチベーションになるから

ずっと一人で勉強していると、何のために英語を学んでいるか目的を見失いやすいです。

私も一人での学習を大切にしてきたし、それなしでは上達できませんでした。
でもずっと一人だけで7年も学習を続けてこれたかというと、間違いなくムリですね。

人と話して「通じた」とか「お互いに理解しあえている」という感覚が楽しいやっぱり楽しいんです。そうして広い世界の視点を学ぶのが好きなんです。

目的は英語を話すことではありません。英会話を通して人生を楽しむことです。

楽しめないと絶対に続きません。英語は年単位で上達していくものなので、数ヶ月でやめたらそもそもペラペラの自分にはなれないですしね。

だから何かしらの会話の機会をつくってみましょう。

英語を話す場をつくるには?

友人を作りたいならMeetupや英会話カフェ、ランゲージエクスチェンジが、趣味を通してつながるのに最適です。

オンライン英会話なら低額を払うだけで、24時間いつでもアウトプットできる環境を作れます。
予約不要でレッスン受け放題のネイティブキャンプがおすすめです。7日間の無料体験もあるのでまずは試してみてもいいですね。

【オンライン英会話】ネイティブキャンプ英会話

【オンライン英会話】ネイティブキャンプ英会話

NativeCamp Inc.無料posted withアプリーチ

詳しくは「ネイティブキャンプを使ったレビューと口コミを紹介!英会話初心者におすすめの “唯一無二” の理由」で解説します。

その他おすすめオンライン英会話との比較はこちらをご覧ください。

>社会人が英語脳を作るためのオンライン英会話おすすめ厳選3選を紹介


外国人と話すべき理由

・表現の学びがあるから
・人と通じ合うとモチベーションになるから
・ちゃんと通じる英語か確認するため

まとめ:英語のスピーキングが上達したいなら一人で練習すべきシンプルな理由

いかがでしたか?

英語は一人での練習時間もしっかりとることが大切です。なぜなら、スクールなどの授業だけではまったくスピーキング練習が足りないからです。

一人のときもスキマ時間をみつけて、

  • リピーティング
  • 音読
  • 独り言

などをどんどんやっていきましょう。

英語学習は長期戦です。一人ではモチベーションが保ちにくいので、実践の英会話を楽しむ環境も大事。

Meetupやオンライン英会話で英語環境をつくっておくのが良いですね。オンライン英会話なら、受け放題でたくさん話せるネイティブキャンプがおすすめです。

まずは、しっかり一人練習をしてスピーキング力を高めていきましょう。

スピーキング上達の全体像を知りたい人は「初心者からスピーキングを上達できた9つの学習法とステップを総まとめ」で解説しています。

もしこの記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSで英語仲間にもシェアしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました