英語スピーキングのボキャブラリーが増えない?カナダ生活も乗り切れた効率的な運用語彙の鍛え方を紹介

└ 表現力アップ
スポンサーリンク

こんにちは、Yukiです。

「いくら単語を覚えても、話すときのボキャブラリーがいつも同じ」

「もっと自然な英語っぽく話せるようになりたい」

「いろんな語彙を使いこなしてペラペラになるにはどうしたらいいの?」

このような悩みの方に、効率的なボキャブラリーの増やし方、会話で使えるようになる学習法を紹介します。

この記事の内容

・スピーキングに重要なボキャブラリーの種類解説
・スピーキングに使えるボキャブラリーの増やし方
・スピーキング力に直結する語彙運用の練習法

この記事を書いている人

・カナダで1年半の語学留学と接客業を経験
・インターンで現地ホテルのフロントデスクに起用
・帰国直後、勉強せずTOEIC 880取得
・現在はグローバルな外資企業に勤務
・カナダ生活開始時は英会話力ゼロスタート

単語帳をいくら眺めても、なかなか実際の会話では活きてこないことよくありますよね。

ボキャブラリーは正しい学び方をしていかないと、ただテスト向け知識が増えるばかりで数年後もうまく話せないなんてことになりかねません。

ここでボキャブラリーの種類や身につけ方を知って、スピーキング力に直結させていきましょう。

スポンサーリンク

英語スピーキングのために運用語彙を増やそう

英語スピーキングで語彙力をあげるためには、運用語彙(active vocabulary)を増やす必要があります。

運用語彙とは、自分が話すときにさらっと使える語彙のこと。

それに対し、認識語彙(passive vocabulary)は聞いたらわかるもののことです。

たとえば「illustrate」

He illustrated his theory with several examples.

言われればなんとなく「彼が例をあげながら説明しているんだなぁ」ってわかるけど、頭打って運良く天才にでもならない限り、自分の口からは絶対に出てこない! 笑

これが認識語彙ですね。

もっと初歩的な単語であっても、こうゆうケースは多いはずです。

認識語彙ばかりだからうまく英語が話せない

認識語彙だけ増えてもスピーキングはできないです。

上記の通り、勉強したから聞いたら知ってる、ってだけでは口からは出てきません。

そして悲しいことに、いつもやってる「単語帳で覚える」作業は認識語彙が増えるばかりです。

つまり、これをどうにかして運用語彙に変えていく必要があります。

運用語彙を増やして英語スピーキングを上達するコツ

経験上、運用語彙を効率よく増やせたインプットとアウトプットのポイントがあるのでご紹介します。

そもそも、単語を覚えるのが苦手という方は「中学単語だけでOK!旅行英会話のための英単語の効率的な覚え方を解説」の記事も参考にしてください。

楽しんで動画を見る

まずは英会話で使う語彙のインプットが大切。

単語帳に載ってるものって、どれが口語的で、どれが会話で使われないのか判断つかないですよね。

そんなときは実際の会話から学びましょう。留学中の人は日々の会話から、国内組は好きなYouTubeやドラマを見るのがおすすめです。

そこでよく聞く言葉、使ってみたい語彙をストックします。

生の会話で使われている、生きた表現を知ることからはじめましょう。

私も動画やカナダ生活のなかで、こんな表現してみたいと思ってマネしているうちに、どんどん言えることが増えていったので超重要です。

>> 3日坊主を卒業!継続しやすく有益な英語系YouTubeおすすめ7選

類義語や英英辞典を使う

もっとも手軽にボキャブラリーを増やすには、知っている言葉をちがう単語に言い換えることです。

そのためにgoogle検索を使うのがおすすめ。

例えば「understand」の類語はgoogleで「understand synonym」と調べると以下のように出ます。

googleで「understand synonym」

appreciate, recognize, realize, acknowledge, know, be aware of

これだけ似た表現が学べます。あとはニュアンスを調べて、最適な状況で使うようにすることでボキャブラリーが増えていきます。

また「understand meaning」と英英辞典で調べるのもありです。

verb
be sympathetically or knowledgeably aware of the character or nature of.

「understand」の言い換えができるようになり、「character」や「nature」の意味合いや文脈も新たに学べるので、次回使って運用語彙にしていくこともできます。

類義語と英英辞典は学びがかなり多いですね。

アウトプットする

上記2つのポイントはインプット。

日本人にとってほんとうに大切なのはアウトプットです。

正直、使えるようにするにはたくさん使う意外に方法はないです。毎日2時間くらいは時間を当てたいところです。

いつも同じ語彙を使ってしまうのは、それが使い慣れているから。つまり使い慣れていないものは口から出てきません。

使い慣れる際に

・そもそもその単語が聞き慣れている
・その単語を積極的に使ったことがある

両方の意識が大切。

ではどのようにアウトプットするのがよいでしょうか?おすすめの方法は次で紹介します。

運用語彙を増やしスピーキング力を上げる練習法

語彙を使うアウトプット練習は、主に以下のステップでやるのがおすすめです。

どれかだけではなく、すべてやることで効果が高まります。

リピーティングでストックする

英語の動画を見るときにリピーティングをしてその瞬間に使ってしまいます。

これを繰り返すことで、ネイティブ表現のストックを自然とためていくことができます。インプットとアウトプットを同時にできる作業ですね。

やり方は、英文を一文聞いたら止めて発音するというカジュアルな方法でOKです。

その他にもリピーティングには発音改善の効果などもあります。詳しくは「リピーティングとは?初心者のスピーキングを強化するやり方4ステップを解説」をご覧ください。

瞬間英作文で使う

動画などで気になった英単語を使って、その場ですぐ瞬間英作文すると記憶への残り方、実践での活用力が格段に変わります。

やり方は簡単で気になる英単語を使って、シンプルな一文を作ります。

ポイントは自分にリアルに関わる内容で作文すること。関与度の高い内容にすると、いつか会話で自分の話をするときに備えて実践的な練習ができるからです。

勉強してもいつも会話では出てこない、、という人は、学んだその場で使ってみることまで意識してみましょう。

瞬間英作文の効果については「瞬間英作文の効果とは?「スピーキングが苦手」を克服するやり方5ステップ解説」もご覧ください。

さらに独り言で使う

さらに定着させるために、独り言も行います。

独り言はその名の通り、ふとしたときに英語でぶつぶつ話すこと。

独り言をするのはインプットした直後じゃないので、記憶から引き出して英単語を使うことになります。だから会話により近い練習となり、新しい語彙を積極的に口に馴染ませることができます。

これはいわば練習試合みたいなもの。たくさんやれば、本番の会話でも自然と新しい語彙がでてくるようになります。私も英語が話せるようになるまでに最も力を注いだ学習法です。

独り言の詳しい解説は「英語初級者必読!スピーキング力に直結する独り言のやり方を解説」で解説します。

リピーティングで新しい語に触れる
     ↓
その場で瞬間英作文して覚える
     ↓
独り言で何度も練習しておく

私はこれでいろんな語彙や表現を使えるようになりました。

まとめ:英語スピーキングでボキャブラリーが増えない?私が実践した効率的な運用語彙の鍛え方を紹介

いかがでしたか?

英語スピーキングのボキャブラリーを強化するには、認識語彙を運用語彙に変えていく工夫が必要です。

そのためには会話で使う良質な語彙を知って、アウトプットで定着させていくことが大切。

私のおすすめのアウトプット法は

・リピーティング
・瞬間英作文
・独り言

この3段階でボキャブラリーの増強からアウトプットまでを行い、運用語彙を増やしていきます。

ちなみに、覚えた語彙をペラペラと使えるようになるには、英語脳という考え方も知っている必要があります。欠かせない能力なので「英語脳の作り方 | 大人からでもペラペラになれた2つの勉強法を解説」も確認してみてくださいね。

もしこの記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSで英語仲間にもシェアしてください!

わからないことがあればお気軽にコメント欄へ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました